海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

30分足のEMAがサポートとレジスタンスのどちらになっているのかで相場を見極める

ドル円(USDJPY) 30分足 EMA

30分足の21EMAと75EMAは機能しやすい

ドル円(USDJPY) 30分足 EMA

上の画像はドル円(USDJPY)の30分足です。

赤い線が21EMA、オレンジが75EMA、青が200EMAですが、21EMAが右肩上がりの時は21EMAに触ると反発するサポートとして機能し、右肩下がりの時は触ると反落するレジスタンスになっていることが分かると思います。

ゴールド(XAUUSD) 30分足 EMA

上の画像はゴールド(XAUUSD)の30分足です。

動きの荒いゴールドはヒゲで突き抜けることも多いですが、概ねドル円と同様、21EMAがサポートとレジスタンスのどちらかになっていることが多いと言えるでしょう。

このレベルのEMAなら1~2ドル幅ほど下のところに指値を入れてヒゲキャッチを狙うのもアリです。

BTCUSD(ビットコイン) 30分足 EMA

さらにこちらの画像はビットコイン(BTC)ですが、歴史の浅いビットコインでさえも30分足と言う比較的長めの時間足では21EMAがよく機能しています。

30分足は更新回数が1時間足より多く、レジサポ反転に気づきやすい

30分足の21EMAは1時間足の10EMAとほぼ同じ移動平均線になりますが、30分足の方が更新回数が多くレジスタンスとサポートの反転を見極めやすくなっています。


もちろん15分足や5分足と言った短期の時間足よりも騙しが少なく、BTCこわい氏のように有名トレーダーで30分以下の足は見ないと言う方もいるほど。

15分足と1時間足と言うメジャーな時間足に挟まれていてやや地味な存在ではありますが、移動平均線のクロスにおいても30分足のものは非常に信頼が置けます。

Twitterでエントリーを公開している人にも使用している人が多い隠れた優良時間足ですので、特にデイトレやスイングなど比較的長いポジションを持つ人は確認する価値があります。

テクニカル考察記事一覧

基本・心構え

インジケーター・オシレーター別

応用

市場時間帯別

有名トレーダーの手法

通貨ペア別

海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)