期待値にうるさいトレーダーが選ぶクレジットカードや電力会社・利用サービスまとめ

P-one Wiz

目次

使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

FXと同じく、クレジットカードや公共料金なども期待値が最大のものを選ぶ

FX取引を始める前から費用対効果にうるさかったFX歴6年目の管理人ですが、

FXを始めてからはことさらムダな固定費の削減を心がけるようになりました。

この記事では節約脳の管理人が2023年現在利用しているクレジットカードやサービスをまとめています。

使っている本人は最適解と思って利用していますので参考までに。

クレジットカード

固定費の支払いからモバイルSuicaへのチャージ、海外FXへの入金まで、

生活のほぼ全てをキャッシュレスで賄っているためクレジットカード選びは非常に重要。

現在管理人が最強と思っている組み合わせは以下です。

  • 固定費・エポスゴールドカードの選べるポイントアップショップ以外での買い物→P-one Wiz
  • モバイルSuicaへのチャージ・選べるポイントアップショップでの買い物→エポスゴールドカード
  • 電子書籍の購入→DMMブックス&DMMカード

P-one Wiz

P-one Wiz

  • クレジットカード利用額から自動的に1%オフ
  • 1,000円ごとに発生するポケットポイントを口座へのキャッシュバックやdポイントに0.3%で交換可能=実質還元率1.3%
  • さらにポイントプログラム参加で1.6%~抽選に当選で2.2%まで還元率が上がる

万人にオススメできる単体では最強のクレジットカード。

ただしP-one WizはモバイルSuicaなどの電子マネーチャージは1%オフとポケットポイントの対象外なので、

その弱点はエポスゴールドカードで補います。

P-one Wizについては以下の記事に詳しく書きました。

海外FX業者に入金できるオススメのクレジットカード紹介

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

  • 選べるポイントアップショップで買い物先3つを還元率1.5%にできる
  • 選べるポイントアップショップにモバイルSuicaを登録できる
  • 年間利用率100万円で1万ポイントが貰える

P-one Wizの『電子マネーチャージは対象外』と言う弱点を補えるクレジットカードです。

エポスゴールドカードについても以下の記事に詳しく書きました。

海外FX業者に入金できるオススメのクレジットカード紹介

DMMカード

  • 毎月1~3日までDMMのサービス内で還元率が10%
  • 普段はDMMサービス内の還元率は4%
  • DMMポイントの購入でさらに1%上乗せ

DMMブックの50%キャンペーン時に使うと最大で80%の還元率が見込めるDMMカード。

DMMはポイント支払いで購入してもポイントが付くので実際の還元率は50%+25%以上が狙える

電子書籍をお得に購入したい人はぜひ。

FXトレーダーに超おすすめのマンガ、『FX戦士くるみちゃん』の紹介記事は以下から!

マンガ『FX戦士くるみちゃん』の名言・教訓

銀行口座

ポイントが貯まりやすいSBI新生銀行を使う

ポイントプログラム | SBI新生銀行

SBI新生銀行は以下のように非常に優秀なポイントプログラムでTポイント・dポイント、nanacoポイントを貯められます。

  • 引き落とし1回で50Pt、1ヶ月最大100Pt
  • 1万円以上の入金1回ごとに25Pt、1ヶ月最大200Pt

海外FXからの入金先をSBI新生銀行にして、出金手数料無料の時はこまめに出金しておくとそれだけで結構ポイントが貯まります。

貯金用口座であれば金利0.1%の銀行に1,000万円入れておけば毎月800円程度利息が受け取れますが、

普段使い・給与受け取り用の口座なら残高関係なく安定してポイントを稼げるSBI新生銀行が最強でしょう。

ステップアッププログラム

ステップアッププログラム | SBI新生銀行

さらにSBI新生銀行は簡単な条件を満たすことでステップアッププログラムがシルバーになり、以下の特典が適用されます。

  • ATM出金手数料が無料
  • 他行への振込手数料が月3回まで無料

SBI新生銀行の唯一の難点はLINE PayやPayPayなどのなんとかPay系への入金に対応していないこと。

これは主にキャッシュレスで割り勘をしたい時にネックになるのですが、SBIグループの傘下になったことで改善されることに少しだけ期待しています。

電力会社

東京電力に戻った

電気(新プラン限定)もガスも東京電力にまとめることで『ガスセット割』で電気代が毎月100円割引できる東京電力。

東京ガスにも電気ガスのセット割はあるものの、東京ガスは合計金額から0.5%割引と言う設定なので

東京電力の100円固定よりお得にするには電気代が2万円を超える必要があります。

新電力会社の終焉

2016年の電力・ガス小売全面自由化以降2022年までは基本料金無料の新電力会社が乱立していました。

中でも『ピタでん』と言う電力会社はずば抜けてやすかったので冬期でも月3,000円程度、

春秋などエアコンをあまり使わない月は800円前後の電気代で生活できていました。

ピタでん以外では『Looopでんき』、『楽天でんき』、『あしたでんき』など

2022年のロシアとウクライナの戦争や原発の稼働不足などの影響で燃料調整額が高騰し、

新電力はサービス停止に追い込まれたり、逆に大手より料金が高くなるようになり壊滅。

大手電力を使わざるを得ない状況になったので、

とりあえず管理人の利用量では東京ガスより優秀な東京電力のスタンダードSプランにしました。

燃料調整額なしのアクアエナジー100は新規受付停止

アクアエナジー100|料金プラン紹介|東京電力エナジーパートナー株式会社

東電の水力発電で供給されるアクアエナジー100は平時は割高なプラン設定ですが、

2022年10月以降の燃料調整額の高騰によって新プランと立場が逆転。

使用量300kWhまで固定で1kWh=23円83銭と言うかなり割安なプランになっていたのですが、

あまりに安く、他のプランとの乖離が激しかったため2022年1月11日に新規受付を停止しました。

管理人は残念ながら新プランの一発目にアクアエナジー100を選ぶところまで知恵が回らず。

新電力会社の恩恵をフルに受けた後で東電のアクアエナジー100に切り替えられていたら最強に情強ムーブでカッコよかったのですが。

従量電灯A・従量電灯Bの方がスタンダードプランより安い

スタンダードプランと違って燃料調整額に上限がある旧プラン、従量電灯の方が2022年10月頃より安くなっています。

旧プランへの乗り換えは電話でしか受け付けないのがなんともセコい…。

『規制料金プランへの切替をご検討中のお客さま』に該当するので、電話番号は以下です。

0120-995-001

スキップ番号は『契約プラン、アンペア、名義、郵送先など契約情報の変更確認』に該当するので以下。

23

カスタマーセンター|電気とガスの開通・各種手続き・サポート|東京電力エナジーパートナー株式会社

従量電灯に戻すことで受けられなくなるサービス

  • 電気ガスセット割(月額100円)
  • 24時間かけつけサービス

従量電灯の燃料調整額の上限が撤廃されるまでは明らかに従量電灯にするメリットの方が大きいです。

支払い方法は口座引き落としよりクレジットカードがオススメ

東京電力は口座引き落とし割り引きが55円。

電気とガスをまとめて変更することしかできないので、

電気ガスセットで使っていて合計金額が5,500円を超える場合は還元率1%のクレジットカードの方が得です。

電気のみ東京電力を選ぶ場合はこの限りではありませんが、

2023年1月現在でガス代の安さをウリにしていたレモンガスすら東電のガスより高くなったので、

東電以外のガス会社を選択する意味はあまりないかと…。

一人暮らしならアンペア数は20Aで十分

エアコン+ノートパソコン使用+洗濯機を回す、くらいなら20Aで十分使えます。

これに浴室乾燥機などが加わると途中でブレーカーが落ちる、と言った感じ。

携帯会社

もちろん3キャリアではなくMVNO(格安SIM)を使います。

3キャリアそのもののプランは高すぎて論外ですが、ahamoやLINEMO、povo2.0などは割と見どころがあるので

MNO(キャリア回線)の回線品質を求める方はそちらを使うのもアリ。

docomoの5Gギガホプレミアはテザリングも無制限なので、固定回線代わりにするならアリ。

特に海外旅行が多い人は海外でもデータ通信が20GB使えるahamoを使うのも悪くありません。

ただしdocomo回線を契約するとそのスマホの回線でしかdアカウントにログインできなくなり、

パソコンでd払い決済をしたい場合などはテザリングが必須で逆に使い勝手が悪くなることに注意。

NUROモバイル

NURO光のせいでイメージが悪いNUROブランドですが、

NUROモバイルのNEOプランは以下のように優秀です。

  • 月額2,699円
  • LINE・Twitter・Instagram・Tiktokの通信量がカウントフリー
  • アップロード(上り)通信の通信量がカウントフリー
  • 都心部での速度が遅いdocomo回線固定だが、NEOプランはプラン用の専用帯域を使っているのでMNOのahamoより速いこともある

NUROモバイルに関しての詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

MVNO(格安SIM)の解説

mineo

  • 通信速度1.5Mbpsで使い放題のオプションがある
  • 前月の12時~13時の利用を抑える『ゆずるね』と言うサービスを使うと翌月の23時~7時まで通信が使い放題

上記の特徴により、月額1,600~2,000円程度でほぼ使い放題の固定回線代わりとして使える最強クラスのMVNO。

使わなくなったスマホでテザリングをしたり、安価なモバイルルーターにSIMを挿しても下り40MBps程度は出るので、オンラインゲームでもやらない限りは十分な速度です。

mineoの詳しい解説は以下の記事で。

MVNO(格安SIM)の解説

ふるさと納税は当然使う

ふるさとチョイス 01

ふるさと納税は日本国民に与えられた超絶お得な節約方法なので当然使います。

マイナンバーカードがあれば、

  • 副業の確定申告が必要ない人はワンストップ特例制度で書類なし・スマートフォンのみで手続き可能
  • 副業の確定申告が必要な人は確定申告と併せてスマートフォンで手続き可能

と気楽に利用できるようになりました。

ふるさと納税についての詳細は以下で。

トレーダーがふるさと納税を絶対にするべき理由

VOD(動画配信サービス)

DMM TV+DMM Premium

DMM TV 20230125-010853DMM TV 20230125-010929

ポケットカード DMM TVキャンペーンページ

  • P-one Wiz+DMM TVのキャンペーンで実質8ヶ月無料(DMMポイントが毎月550Pt発生)
  • 内容も申し分なし、邦画・洋画・アニメ全てが充実
  • アダルト動画も充実

DMMブックスを活用していることもあり、動画配信サービスはDMM TVを採用しました。

他の候補としてはmineo経由で申し込むと月額料金がほぼ半額の1,089円になるU-NEXTや、

DMM TVと同じく月額550円のdTV、Amazon プライムビデオなど。

このあたりは正直どれを選んでもそこまで差がないので、配信会社の好き嫌いで選んでもいいでしょう。

スマートフォンの機種選び

2023年現在ではAndroid、と言うよりはPixel 5までのGoogle Pixelを選びます。

Pixel5までの機種はGoogle Photosに節約画質で無制限の画像アップロードができるため。

Pixel 5a 5G以降を除く

Google PhotosのOCR(文字認識)、画像認識は他のサービスでは全く追いつけないレベルに強く、

適当に画像やスクリーンショットを撮りためておくだけで後から検索で引っ張れます。

とは言えApple派の人がムリに乗り換えるほどではないですが、Androidを使うのであれば現時点ではPixel 5までのPixelをオススメしておきます。

現代は情報格差社会

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

海外FXを利用する時にキャッシュバックサイトを使わないと損するように、

キャッシュレスやふるさと納税、MVNO(格安SIM)などをフル活用しないと簡単にムダ使いできてしまう世の中になりました。

TariTaliなど海外FXキャッシュバックサイトの比較

自炊やマイボトルなどQOLが下がる節約方法は置いておいて、

特に品質に影響しない節約方法は積極的に取り入れていきたいところです。

MVNO(格安SIM)に関しては特に面倒だと感じる人も多いようですが、

海外FXの口座開設ができるようなITリテラシーを持っている人なら楽勝でしょう。

使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります