海外FX業者に入金できるオススメのクレジットカード紹介|利用額には注意

P-one Wiz
使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

クレジットカード入金は便利だが注意も必要

エポスゴールドカード

銀行振込と違って24時間リアルタイムで入金できるクレジットカード決済ですが、

基本的に国内のFX業者では使えないので海外FX業者のメリットの一つとなっています。

とは言え便利さと同時に危険性もあり、手元にない金額の入金が出来てしまうので節度を守って入金をするように注意してください。

FXで負けた時に感情を制御できる自信がない人は

  • クレジットカードの限度枠を少なくする
  • 必要のないクレジットカードは解約する
  • Visa以外のブランドのカードを持つ(ほぼVisaブランドしか海外FX業者に入金できないため)

などの対策を行っておきましょう。

最近は海外FX業者に直接入金しようとするとステータスが『decline』で弾かれるカードも増え、入金額も制限される傾向にあるので以前よりは危険性が下がりましたが、用心するに越したことはありません。

ちなみにスルガ銀行のデビットカードは海外FX業者への入金を特に制限していないので、借金リスクが怖い人にオススメです。

スルガ銀行は簡単な条件をクリアすることで振込手数料も月10回まで無料にできます。

アフィリエイトサイトがオススメするクレジットカードはアフィリエイト報酬が基準

この記事で紹介するカードはどれも還元率が1.2%以上(日本盲導犬協会カードは条件付き)なので、楽天カードやYahoo! JAPANカードなど還元率1%の貧弱なカードを使っている人は単に乗り換え先としてもオススメです。

楽天カードやYahoo! JAPANカードは正直それぞれ楽天市場・Yahoo! ショッピング専用としての使い道しかありませんが、

アフィリエイト報酬が高いために多くのブログでゴリ押しされる状況はXMばかりがオススメされる海外FX界隈に近いものを感じますね。

とは言えXMは株価指数のスプレッドは普通に優秀だったりと見どころがない訳ではないので、使えば使うだけ損になるYahoo! JAPANカードや楽天カードに比べればマシですが。

なお、この記事で紹介しているカードは全てアフィリエイトを行っていません。

楽天カードを楽天市場以外での普段使いにオススメしてくるブログはただのアフィカスかエアプだと思って間違いないでしょう。

bitwallet経由ならほぼ全てのカードが使えるが手数料が高すぎる

たいていのクレジットカードはbitwalletへの入金は制限していないため、手数料がかかってもいいのであればbitwallet経由で他の業者へ入金することも可能ではあります。

とは言えbitwalletのクレジットカード手数料は8%~8.5%と非常に高いので、なるべくFX業者に直接入金できるクレジットカードを使うか、この記事でも紹介しているGMOあおぞらネット銀行経由の入金の方がオススメです。

海外FX業者に直接入金できるオススメのクレジットカード

P-one Wiz(Visa)

P-one Wiz

P-one Wiz 公式サイト

クレジットカードを使うだけで自動的に請求額が1%オフになり、さらに還元率0.5%でTポイントに交換可能なポイントが貯まるので合計還元率は1.5%になる高還元率カード。

  • 2022年3月30日をもってTポイントへの交換が停止されることになりました。
  • dポイントや銀行口座へのキャッシュバックは0.3%なので高還元率カードには違いありません。

年会費は無料ですが、ポケットカードのクレジットカードは初期設定がリボ払いになっているカードが多く、P-one wizも例外ではありません。

発行後はマイページから支払いコースを『ずっと全額払い』に変更するのを忘れないようにしてください。

P-one wizを発行しているポケットカード社は2019年10月現在、ほとんどの海外FX業者に対して入金制限を行っておりません。

XMFBSHotForexなどは他のクレジットカードでは弾かれることがありますが、ポケットカード発行のVisaブランドのカードは問題なく入金できます。

  • Visaのみ。MasterCardブランドは2022年時点でXM、Exnessへの入金が弾かれることを確認

海外FX業者への入金、光熱費や月額料金の支払いには文句なくオススメできるカードですが、電子マネーへのチャージはキャッシュバック対象外と言う欠点も。

モバイルSuicaとの相性が良いエポスゴールドカードとの2枚持ちで弱点をカバーできます。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード公式サイト

エポスカードはFBSGEMFOREXを始めほとんどの海外FX業者に入金制限を行っていませんでしたが、2021年3月頃より規制が厳しくなりました。

2022年時点でXMには問題なく入金ができます。

エポスゴールドカードは普段の還元率は0.5%と低めですが、年間50万円使うことで0.5%分のボーナスポイントが発生して1%に、年間100万円使うことで1%分のボーナスポイントが発生して1.5%の還元率になります。

その他3つの支払先までポイント還元率を3倍にする『選べるポイントアップショップ』と言う制度があり、保険料や電気代、特定の百貨店やモバイルSuicaなどの支払いを1.5%にすることが可能で、

年間利用ポイントと合わせると最大還元率2.5%を狙える超優秀カード。

  • ViewカードやJREカードよりもモバイルSuicaとの相性が良い

初回発行に5,000円かかりますが、通常のエポスカードを使って優待(インビテーション)を受けることで年会費無料でゴールドカードにランクアップできます。

エポスゴールドカードは年間利用金額100万円ちょうどが還元率ピークの1.5%。

年間200万円以上使う場合はワンランク上のエポスプラチナカードの方が還元率が高くなります。

『エポスバーチャルカード』と言うネットでのみ使える使い捨てのカード番号を発行できる仕組みもあり、海外FX業者にクレジットカード番号を登録したくない人にもオススメ。

日本盲導犬協会カード

日本盲導犬協会カード

日本盲導犬協会カード 公式サイト

海外FX業者に対しての制限が比較的緩いJACCS発行のクレジットカード。

2019年10月時点で発行元のJACCSはFBSHotForexAXIORYへの入金を制限していますが、GEMFOREXTitanFXAnzo Capitalなどには問題なく入金できることを確認しました。

初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は年会費が税抜1,250円かかります。

優遇ポイント 『ラブリィ☆アップステージ』

上記URLに詳細が記載してありますが、日本盲導犬協会カードは年間の利用額に応じて還元率が上がるので年間50万円以上使うなら年会費を考慮しても還元率1.2%以上。

  • 年間利用額100万円でカードの支払いポイントに交換すると還元率1.4%以上
  • 年間利用額200万円で同じく支払いポイントに交換で還元率1.5%近くに到達

利用額の一部は日本盲導犬協会に寄付され、還元率もトップクラスなので犬好きの人や単に高還元率のカードを使いたい人にもオススメです。

Andromeda Card(アンドロメダカード)

Andromeda Card(アンドロメダカード) 01

Andromeda Card(アンドロメダカード)公式サイト

海外FX業者に対しての制限が比較的緩いJACCS発行のクレジットカード。

ポイント還元がGoogle Payのチャージで支払われるのでAndroid端末を持っている人限定ですが、以下のように優れたカードです。

Andromeda Card(アンドロメダカード) 02

  • 毎月第一日曜日は還元率1.5%
  • 毎月の合計利用額に対してポイントが発生

当然ですが海外FXへの入金は極力毎月第一日曜日に行うのがオススメ。

決められた日に一回だけ入金をする、と決めることで不必要な入金による損失を避けられればベストですね。

REXカード

REXカード

REXカード 公式サイト

アンドロメダカード、日本盲導犬協会カードと同じくJACCS発行。

年会費無料ながら通常時の還元率は1.25%、キャンペーン中は日曜日限定で還元率が1.5%になる高還元率カードでしたが、新規カードの申し込みを停止しました。

どうしてもリボ払いが必要な場合はR-styleカードの検討を

R-styleカード 公式サイト

R-styleカード 利率

JACCS発行のR-styleカードはリボ払いの年率が銀行ローン並の9.90%となっています。

その代わり即座に金利が発生するので、3ヶ月以内に完済する場合などは一般的なクレジットカードよりR-styleカードの方が金利が高くなります。

  • 一般的なクレジットカードは支払いの30日後から金利が発生
  • R-styleカードは支払い発生直後から金利が発生

リボ払いの利用は推奨しませんが、もしどうしても必要な場合は年率が15%~18%の標準的なカードだけではなく、R-styleカードと言う選択肢があることを考慮してください。

すでにリボ払いを使っている場合、クレジットカードで入金した金額が一ヶ月後に出金可能になるbitwalletを経由して乗り換えることでリボ払いの年率を減らせる可能性があります。

クレジットカード入金時は極力円建てで

大抵の業者は口座タイプが米ドルであっても円決済による入金が可能です。

米ドル決済でクレジットカード入金をすると、為替による手数料が取られて入金の時点で損失が発生するので、極力円建てで決済をするようにしましょう。

GMOあおぞらネット銀行を開設するとbitwalletへの送金手数料が無料

bitwallet(ビットウォレット) 登録 01

海外FX業者を使う人にはおなじみのbitwallet。

クレジットカードによる海外FXへの入金が使いづらくなったためによりbitwalletの利用価値はより高まっていますが、bitwalletではGMOあおぞらネット銀行を使うと手数料無料で入金できます。

GMOあおぞらネット銀行は比較的新しい銀行でメリットが多いため、bitwalletをよく使う人もそうでない人も口座を開設することをオススメします。

  • GMOクリック証券と連携することで高金利0.8%
  • 外貨積立時のスプレッドがトップクラスに狭く、米ドルの金利もトップクラス
  • アプリとWEB画面のどちらも使いやすい

クレジットカードの通りやすい海外FX業者

XM

海外FX業者では最も有名な業者。

当然クレジットカード会社が知らない訳がないのですが、出金実績が豊富なためかXMはあえて見逃されている可能性があります。

実際にエポスカードでは2021年12月時点でも問題なく決済が行えました。

スプレッドやレバレッジなどの取引条件はキャッシュバックを含めれば悪くない、と言ったところですが、急ぎで入金したい時には十分選択肢になりうる業者です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はキャッシュバック口座がおすすめ
GEMFOREXはキャッシュバック口座がおすすめ

入金ボーナスを定期的に行っている業者。

Visa以外のブランドでもクレジットカード入金ができますが、1月あたりのクレジットカード入金の上限は50万円に制限されています。(ある意味安全?)

銀行入金以外での入金は入金ボーナスが半分になるのであえてクレジットカードを使う意味はあまりありませんが、

公式にJCB対応を記載している珍しい業者なのでJCBカードで入金したい人にはオススメ。

TariTali経由でGEMFOREX(ゲムフォレックス)に登録

送金サービス関連記事

使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります