TariTali(タリタリ)など海外FXキャッシュバックサイトのキャッシュバック率を比較|海外FX唯一の聖杯

キャッシュバックサイト/IBサイトとは

海外FX業者で取引をする度に、スプレッドの一部を現金としてキャッシュバックしてくれるサイトのことをキャッシュバックサイトやIBサイトと言います。

海外FX業者のスプレッドが広めなのはスプレッドに広告費(アフィリエイト報酬)が含まれているためなので、

その分の広告費をユーザーに還元してくれるキャッシュバックサイトを使わないのは損です。

つまり

  • キャッシュバックサイトはアフィリエイト報酬の大部分を登録者に還元してくれる大規模アフィリエイター
  • それ以外のアフィリエイターはアフィリエイト報酬を全部取りしている

と言うことですね。

TariTaliに登録する

海外FXの直接アフィリエイトを行っているブログは当然キャッシュバックサイトの存在を知っていると思いますが、

直接アフィリエイトに比べて報酬は1/10ほどに落ちるので書きたくないのでしょう。

管理人もキャッシュバックサイトを見つけた時は正直に書くかどうか悩みましたが…。

TariTaliアフィリエイトのメリット/デメリット

海外FX唯一の聖杯、キャッシュバックサイトを使わないことによる損失

XMなどはアフィリエイト報酬が高いのでメリットばかりを書くブログが目立ちますが、

正直XMの為替FXのスプレッドはキャッシュバックサイトを使ってようやく平均レベルと言ったところです。

とは言え低スプレッドのKIWAMI(極)口座の追加でかなり優秀になりました

XMのノーマル口座ではTariTaliで1lotあたり0.9pipsのキャッシュバックを受け取れるので、

1日1lot取引をする人なら月間で約20lot、2万円近くの金額を損していることに。

管理人はかつてGEMFOREXで100万円以上の利益を出金をしましたが、

この口座はキャッシュバックサイトに紐づけていませんでした。

取引lotからの概算で、TariTaliを使っていれば本来はキャッシュバック額も100万円を超えていた計算なのでかなり後悔しました…。

当然FXの世界に必勝法はありませんが、

  • 勝った時の利益が大きくなる
  • 負けた時もキャッシュバックが返ってくる=損失が小さくなる
  • 絶対に使った方がいい

と言う点において、海外FXのキャッシュバックサイトは聖杯と言ってしまっていいでしょう。

TariTaliに登録する

海外FXキャッシュバックサイトの出金反映日や出金方法、手数料を比較

国内で人気と実績のあるキャッシュバックサイトを比較して表にまとめました。

優秀な項目は青字にしています。

業者名 TariTali FinalCashBack FXRoyalCashBack
キャッシュバック反映 翌日~1週間 翌月25日 翌月20日
出金手段 銀行振込/bitwallet 銀行振込/PayPal 銀行振込
出金手数料 無料 無料 無料
最低支払額 1,500円 5,000円 5,000円
口座開設ボーナス - 1,000 1,000円
取引ボーナス - - 10lotで1万円

全体的にやはりTariTaliが優秀ですね。

TitanFX+TariTaliなどの組み合わせは取引後数十分ほどでキャッシュバック額が反映される上、bitwalletに出金することができるのもポイント。

一方でFXRoyalCashBackはTariTaliに比べると反映タイミングで見劣りするものの、

口座開設ボーナスと取引ボーナスの2種類のボーナスが魅力的です。

FXRoyalCashBackのキャッシュバック率は多くの業者でTariTaliに合わせてきているので、最初の10lotまではFXRoyalCashBackで取引をするのがオススメの使い方。

以下はXMのキャッシュバックをTariTaliのHighRebate口座とFXRoyalCashBackでキャンペーンを使って受け取った場合の比較です。

  HighRebate FXRoyalCashBack
10lotキャッシュバック額 $90 $80+1,1000円

1lotあたりのキャッシュバック額は1ドルしか変わらないので、

初回10lotに限って言えばHighRebateよりもFXRoyalCashBackの方がキャッシュバック額が1万円ほど多くもらえます。

FXRoyalCashBack経由でTitanFXに登録

FXRoyalCashBack以下の業者に限り、他のキャッシュバックサイトで使用中のアカウントには口座追加ができません。

とは言え、ボーナス対象業者ではないこの2業者をFXRoyalCashBackで使う必要は特にありませんが。

TitanFXも以前はこの制限が適用されていましたが、2021年5月14日からFXRoyalCashBackの口座を追加することが可能になりました。

詳細は以下の記事でご確認ください。

FXRoyalCashBackの1万円ボーナスがTitanFX(タイタンFX)の乗り換えで受け取り可能に

XM(エックスエム)やTitanFX(タイタンFX)、Axiory(アキシオリー)など業者別のキャッシュバック率比較

対応業者もキャッシュバック率もそれぞれ微妙に異なるので、業者ごとに比較しました。

業者名 口座タイプ TariTali(HighRebate) FinalCashBack
XM スタンダード $8.5/$9 $6 $8
  ゼロ $4.25/$4.5 $4
TitanFX スタンダード $4.675(0.4675pips) 0.32pips $4
  Zeroブレード $1.4025(0.14025pips) $1.2
AXIORY MT4 スタンダード $4.5 $3 $4.5
  MT4 ナノスプレッド $1.8 $1.2 $1.8
  cTrader スタンダード $2.25 $1.5 $2.25
  cTrader ナノスプレッド口座 $0.9 $0.6 $0.9
TradeView スタンダード $8.5 $8.5(0.85pips)
  ECN $2.125 50%(1.25pips) $2.125(0.215pips)
  cTrader $2.125 50%(1.25pips) $2.125(0.2125pips)
  Currenex $2.55 50%(1.5pips) $2.55(0.255pips)
HF Markets マイクロ 0.72/0.8pips 0.48pips 0.68pips
  プレミアム 0.72/0.8pips 0.48pips 0.68pips
  ゼロスプレッド 0.27/0.3pips 0.18pips 0.255pips
TTCM クラシック $4 - $4
  プロ $1.60 - $1.60
Land Prime LPボーナス/Live 0.45pips 0.38pips 0.45pips
  ECN 0.09pips 0.07pips 0.09pips
GEMFOREX オールインワン 0.8pips 0.5pips -
  ノースプレッド 0.08pips -
FBS スタンダード $8 50% $8
  ゼロスプレッド $8 50% $8
Myfx Markets スタンダード 0.51 0.3 0.48
  プロ 1.7AUD 1.5AUD 1.6AUD
Anzo Capital スタンダード - $2 -
  RAW - $1 -
DealFX スタンダード - - 0.32pips
  ECN(Active) - - 0.16pips

HighRebate口座の存在があるため、XMHF MarketsTariTaliが最優秀。

FinalCashBackはキャッシュバック額で言うと見劣りしますが、iForexに対応する唯一の国内キャッシュバックサイト。

さらにXMで5分以内にポジションを閉じてもキャッシュバックが受け取れる唯一のキャッシュバックサイトと言う他にないメリットを持っていますが、

そもそもFinalCashBackのキャッシュバック率が低いのでこちらは正直微妙。

一方、iForexでキャッシュバックを受け取りたい場合はFinalCashBack以外に選択肢がないのでアイフォ戦士()にとっては必須のキャッシュバックサイトかも?

キャンペーン対象業者はFXRoyalCashBack(FXロイヤルキャッシュバック)が優秀、総合的にはTariTali(タリタリ)が最強

FXRoyalCashBackのキャンペーン対象業者を使う場合、最初の10lotまでFXRoyalCashBackを使用するのが最も多くの報酬を受け取れます。

キャンペーン達成後はほとんどの業者でTariTaliの方がキャッシュバック率が高く、取引の反映や出金速度も優れているのでTariTaliに移行するのがオススメ。

FXRoyalCashBackの1万円ボーナスがTitanFX(タイタンFX)の乗り換えで受け取り可能に

キャッシュバックサイトの確定申告に関して

キャッシュバック発生分は普通にFXの利益と同じで雑所得(総合課税)扱いです。

銀行振り込みの場合の各キャッシュバックサイトの名義は以下。

  • TariTali→カ)トランス または カ)アシスト
  • FXRoyalCashBack→FXROYALCASHBACK
  • FinalCashBack→フアイナルキヤツシユバツク

確定申告のために入金の度にGoogleスプレッドシートなどにメモを取っておくか、

年末にまとめてCSVで出力して銀行に入金された金額を把握しておく必要があります。

注意点として、

キャッシュバック金額の反映が年明け以降でも、12月31日までに発生したキャッシュバックはその年の雑所得として計上しなくてはいけません。

発生月ベースで確定申告している人もいると某キャッシュバックサイトの担当者に聞きましたが、遵法精神を持ちましょう

FXRoyalCashBackやFinalCashBackは翌年1月のそれぞれ20日と25日になるまで12月のキャッシュバック額が確定しないため、

この点でもTariTaliのキャッシュバックの反映の早さは便利。

マイナポータルのスマートフォンアプリでの確定申告方法

マイナンバーカードを発行していればマイナポータルでスマートフォンから確定申告ができる

本業がある方は勤務先の会社が行ってくれる確定申告とは別に雑所得の確定申告が必要です。

2021年以降、マイナンバーカードとNFC対応のスマートフォンがあればスマートフォンのみで確定申告ができるようになりました。

おさいふケータイに使うFeliCaと違い、NFCはほとんどのスマートフォンが対応しています。

副業OKの会社なら税理士や事務に雑所得の利益を申告してもいいのですが、

バレたくない場合や自分でやりたい場合の手順は以下。

  • 会社から源泉徴収票をもらう(以下の項目を埋めるのに必要)
  • 本業の支払金額(給与)、源泉徴収税額、社会保険料の金額などを埋める
  • 雑(業務)所得などで雑所得の経費と収益を申告

マイナポータルのスマートフォンアプリでの確定申告方法

FX・キャッシュバックサイトを合わせた収支が400万円を超えると税金面では国内のFX業者が有利

海外FX業者での収益は雑所得、国内FX業者の収益は分離課税。

大まかに雑所得の収益が400万円までなら雑所得の方が税金面で有利なのですが、

収益が400万円を超えていくと分離課税の国内FX業者の方が税金面で有利と言われています。

レバレッジやゼロカットシステムなどがある海外FXの方が少額スタートには有利ですが、

国内FX業者の最大レバレッジ25倍で十分な資金管理ができるのであれば国内FX業者への切り替えを考えてもいいでしょう。

国内FX業者はスプレッドが海外FX業者に比べると狭い、と言うメリットもあります。

一方で国内のFX業者のデメリットはやはり最大レバレッジが25倍しかないことで、ドル円で1万通貨(0.1lot)のポジションを持つだけで4万円以上の入金が必要になるのがデメリット。

為替レートにもよる

その上国内のFX業者にはゼロカットシステムがないので、追証による借金リスクもあると言う点にも注意が必要。

とは言え資金の多い、いわゆる億トレーダーの方に国内FX業者を使っている方が多いのも事実。

余剰資金が増えてきたら国内FX業者への移行を考えてみるのもいいと思います。

ゴールド(XAUUSD)の取引をする人はDMM CFDが低スプレッド(1.2pips~)のためおすすめ。

[PR]

XM(エックスエム)やHF Markets(HotForex)ではサイト独自のポイントも貯まる

XMにはXMP、HF Marketsにはロイヤリティプログラムと言う業者の独自ポイントがあります。

XMPはKIWAMI口座やゼロ口座は対象外

現金やクレジットとして換金するハードルが低いのはXMPの方で、条件は以下。

  • スタンダード口座で10分以上ポジションを保有することで発生
  • 1lotあたり10XMP~20XMPのポイントが発生
  • 証拠金にする場合、1XMP=1/3ドルのレートで換金可能(10XPM=3ドル=3pips)

あくまで証拠金に使う場合ですが、TariTali(HighRebate)のキャッシュバックとは別に3pips分が還元されます。

HF Marketsのロイヤリティプログラムは換金するのに必要なポイント数が多いですが、XMと違ってポジション保有時間の制限はありません。

この2つの業者独自ポイントを考慮するとXMとHF Marketsの利用価値はかなり高まります。

ある程度取引をしたスタンダート口座で10分以上ポジションを持つと、KIWAMI口座よりも実質スプレッドが狭くなる通貨ペアもあるほど。

有名ブログの『優待』やキャッシュバックについて

  • 「この業者には多くの顧客を登録させているので、私のアフィリエイトリンクから登録すると優遇措置があります」
  • 「ブローカーに直接訪問したのでリンクを踏んだユーザーに何かあったら運営と直接話ができます」

SNSでこのような文章を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

PVが多かったり、ブローカーとの直接交流があるサイトのアフィリエイトリンクから登録すると訪問者にとってメリットがあると言う宣伝文。

当サイトの規模では真偽のほどは分かりませんが、一つ確実に言えることがあります。

それは『顧客を多く獲得していることで業者に口が利く』ようになるのなら、

TariTaliFinalCashBackFXRoyalCashBackなどのキャッシュバックサイトこそが海外FX業者にとって一番の優良顧客であると言うこと。

アフィリエイターはやろうと思えばキャッシュバック額をアップする代わりにスプレッドに広告費を載せられるので、この点からもマークアップをする必要がない老舗キャッシュバックサイトを経由した方が安全でしょう。

常識的に考えてキャッシュバックサイトがマークアップをしたら信用を失うデメリットの方が大きいため

「特別ボーナス付きます」のボーナス目当てにそこから入ったらスプレッドが通常より高いなんてこともあるから気を付けましょう

— ボンビー(Lv51) (@bonbii_FX) August 29, 2021

「特別ボーナス付きます」のボーナス目当てにそこから入ったらスプレッドが通常より高いなんてこともあるから気を付けましょう

— ボンビー(Lv51) (@bonbii_FX) August 29, 2021

出金拒否などのリスクヘッジにもなる

何らかの理由で業者から出金拒否をされたとしても、

海外FX業者としてはキャッシュバックサイトからのユーザー登録がなくなる事態までは避けたいはず。

従ってキャッシュバックサイトに支払う報酬分まで未払いにすることはあまりないと思われるので、

最低限キャッシュバック分の利益は担保されやすいと考えます。

キャッシュバックサイトも顧客からの要望があれば業者にコンタクトを取ってくれることも期待できなくはないので、

やはり海外FXはキャッシュバックサイト経由で使うのが一番と言うことは間違いありません。

特にiForexは口座を一つしか作れないので絶対にFinalCashBack経由で口座開設をしましょう。

キャッシュバックサイト関連記事

キャッシュバックサイト解説

FX業者別

 

サイトについて

スマートフォンとキャッシュバックサイト特化の海外FX&ビットコインFX解説サイト。

検索

カテゴリー

WordPress (6)
アプリ 
キャッシュバックサイト(リベートサイト) (27)
トレード・テクニカル考察 (28)
仮想通貨ゲームアプリ (3)
仮想通貨取引所 
仮想通貨関連アプリ (3)
投資日記 (4)
比較・おすすめランキング (29)
海外FX業者 
節約 (7)
送金サービス (5)