ゴールド(XAUUSD)の実測スプレッド/レバレッジ/スワップ比較|おすすめ海外FX業者を紹介

ゴールド(XAUUSD) 移動平均線 01

ゴールド(XAUUSD)とは

ゴールド(XAUUSD)は文字通り金(きん)価格の金融商品です。

2019年以降の大幅な上昇により注目を集め、現在では為替FXとゴールドの両方を監視するトレーダーも少なくありません。

ポンド以上のボラティリティがあり、レンジ相場が短時間で決着しやすいのでデイトレードでも大きな値幅を狙えるのが最大の魅力。

数分で10ドル(100pips)動くことも珍しくないと言うCFD特有の激しいボラティリティに加え、レバレッジも為替FXと同等に設定されている業者が多いのでCFD全体から見ても利益を得やすい部類の金融商品と言えるでしょう。

逆に言えば反対方向に相場が進んだ場合は悲惨なことになるので、どんなに自信があるポジションでも最大で3ドル(30pips)幅程度のところにストップロスを入れておくことを推奨します。

レバレッジで優遇されているだけでなく、日経平均NYダウ原油など同等以上のボラティリティを持つCFD商品よりもスプレッドが全体的に狭いのも魅力。

とは言え業者によってかなりスプレッドは変わってくるので業者選びには注意してください。

必ずキャッシュバックサイト経由で取引をする

ゴールドのスプレッドは株価指数などに比べると小さめに設定されている傾向にありますが、1pipsを切ることもある為替FXなどには及びません。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

従ってTariTaliなどのキャッシュバックサイトを使ってキャッシュバックを受け取り、実質スプレッドを縮めることは必須です。

キャッシュバックサイトの存在に触れず、XMなどでの直接取引を執拗に薦めてくるブログは貴方から直接アフィリエイト報酬を搾り取りたいだけなので信用しない方がいいですね。

訪問者には直接取引を推奨しながら、本人はキャッシュバックサイト経由で取引していることでしょう(エアトレでなければですが)。

TariTaliに登録する

シンボルXAUUSDとGOLDの違い

ゴールド取引で最もメジャーなのは対ドルのXAUUSDですが、XMなどの業者では『GOLD』と言うシンボルになっています。

このように通貨表記を省略している商品はほぼ対ドルなので、シンボルが違うだけで同じものです。

ユーロのXAUEUR、対オージードルのXAUAUDなどを提供している業者もありますが、これらは合成通貨なのでただでさえ難しいXAUUSD以上に難易度が高く、おすすめできません。

XAUAUDはpips上のボラティリティは高いですが、そもそもAUDがUSDに比べて安いのでこれは当然。

値動きの特徴

ゴールドは値動きが早いので、15分足や1時間足が為替で言う1時間足や4時間足並に信頼が置けます。

ゴールド(XAUUSD) 移動平均線 01

画像は青線が200EMA、オレンジが90EMAですが、このような長期の移動平均線がサポートとレジスタンスのどちらになっているかの見極めはとても大事です。

トレンドラインが意識されやすい銘柄でもあり、画像のように線を一本引くだけでショートでかなりの値幅を抜けることも。

画像のチャートの場合は単純に三尊天井/トリプルトップと言えるチャートパターンでもあり、このような分かりやすいシグナルが出た時は狙い目です。

ゴールドの値動きの特徴に関しては別途記事を作成しました。

ゴールド(XAUUSD)の値動きの特徴

スワップ

ゴールドは金利がないので、基本的にロングはマイナススワップになります。

以下に主要業者のスワップ一覧をまとめました。

業者名 XM TitanFX GEMFOREX Exness Evolve Markets Myfx Markets
スワップロング -16 -14.06 -2.17 0 -11.193333 -16.56
スワップショート 4.12 6.91 -1.04 0 3.55 4.76
  • スワップは記事投稿時のものであり、常に変動するので取引前にご確認ください。

1lotあたりTitanFXでは-14.06ドル、XMでは-16ドルと軽視できません。

TariTali経由でGEMFOREX(ゲムフォレックス)に登録

例外的にGEMFOREXではロングのマイナススワップが1lotあたり-2.17ドルと非常にマイナススワップが小さい設定になっています。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

Exnessでは日本時間の2020年11月24日からゴールドのスワップが0になりました。

もともとExnessのマイナススワップはかなり少なめでしたが、それでも嬉しい変更点と言えます。

FXRoyalCashBack経由でTitanFX(タイタンFX)に登録

TitanFXなどXAUEUR(ゴールド・ユーロペア)の取り扱いがある業者は基本的にロングのマイナススワップがXAUUSDよりも低いので、多少の含み損を許容して長期的にロングを保有したい場合はXAUEURペアを使ってもいいかもしれません。

TitanFX(タイタンFX)の評判とスプレッド/レバレッジ、スマホでの登録方法を解説

早朝のスプレッド拡大

ゴールドは早朝でもそれほどスプレッドが拡大しないのが特徴ですが、例外的にXMではかなり広がるほか、Myfx Marketsも少々厳しい水準になります。

以下に無料口座の早朝スプレッドを掲載したので、持ち越す場合はマイナススワップとともに注意をしてください。

業者名 XM TitanFX GEMFOREX Exness Evolve Markets Myfx Markets
早朝スプレッド 8.3~ 4.0~ 4.2~ 6.72~ 3.2~ 6.5~
平均スプレッド 3.3~ 1.8~ 3.0 3.0~ 1.8~ 2.1~

ゴールドは為替FXと違い、早朝に取引のできない時間帯があります。

業者によっては5分ほど早めに取引不可能になる場合がありますが、基本的に以下の時間帯は取引不可能。

  • 夏時間の朝7時~8時
  • 冬時間の朝6時~7時

ゴールドのボラティリティだとこの1時間だけで窓が開くことも。

日をまたいで取引をする場合は注意しておきましょう。

ゴールドの取引におすすめの業者

結論まとめ

  • スプレッドを重視→TitanFXTradeView
  • スプレッドとレバレッジを重視→Exness
  • 指標や時間帯に関係なく常に高レバレッジで取引したい→XMGEMFOREX
  • ゴールド以外も取引するが、ゴールド自体も標準以上の環境がほしい→DealFXMyfx Markets
PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

2021年3月現在、Exnessのスプレッドがさらに狭くなっています。

  • 無料口座: 2pips~3pips
  • 有料口座: 0pips (片道の手数料が8ドルなので実質1.6pips)

ゴールドCFDの価格が1,700台前半に低下したことによるものなのかも知れませんが、Exnessはゴールドのレバレッジが2,000倍~無制限なので、今後もこのスプレッドが維持されるのであればExnessがほぼ最強のゴールド取引環境になります。

ただし、以下の点には注意。

  • 経済指標の発表30分前~発表後5分の間は新規取引のレバレッジが200倍に制限される
  • 金曜日の市場閉場3時間前からレバレッジが200倍に制限される

イギリスなどのあまり重要でない指標も対象なので、常に高レバレッジでゴールドの取引をしたい場合は888倍のXMや1,000倍のGEMFOREXがおすすめ。

とは言え、突然ストップ狩りのような長いヒゲが出ることの多いゴールドで高レバレッジ取引をすることの危険性も無視できないので、レバレッジが大きければいいと言うものでもありません。

Exness(エクスネス)

Exness解説記事

一時期は日本からの登録を制限していた業者ですが、2020年に日本人でも登録できるようになりました。

ゴールドとシルバーのレバレッジは為替FXと同じに設定されており、最大2,000倍~無制限と全業者中最大。

Exness側もゴールドの人気が高いことを認知しているのか、2021年3月から全ての口座タイプでゴールドのスプレッドが下げられ、無料口座は2pips/3pips~、ゼロ口座は0pips/1pips~と、スプレッド面でもかなり優秀な業者になりました。

Exness(エクスネス)のキャッシュバックサイト/実質スプレッド比較

ハイレバレッジ業者の割に早朝のスプレッド拡大が控えめなのが嬉しいところ。


Exnessのゴールドは​現物取引(CFD)にも関わらずロング、ショートともにスワップが発生しないのも大きな魅力

1,000円の入金でも0.05lotのポジションが持てるので、ゴールドや為替FXでの少額チャレンジにはかなりおすすめできる業者です。

少ない入金額でも0.5lotや1lotを普通に持てるレバレッジですが、正直ゴールドの取引で常にこのレバレッジを活用して勝つのは難しいと思うので、より低スプレッド・低レバレッジの業者を使うことも検討しましょう。

ExnessはFXRoyalCashBackで取引ボーナス1万円を受け取れるので、FXRoyalCashBackでボーナス条件を達成した後、出金と報酬の反映が早いTariTaliに移行するのがおすすめです。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)解説記事

TitanFXは為替FXと同じ500倍のレバレッジでゴールドの取引が可能です。

ゴールドはCFD扱いなので為替FXよりレバレッジが低くなっている業者が多い中、500倍のレバレッジはかなり優秀な数字。

無料口座でも1.2pips~2.0pips程度と変動性ではあるものの平均的に狭いスプレッドがTitanFXの最大の魅力です。

TitanFXはFXRoyalCashBackで取引ボーナス1万円を受け取れるので、FXRoyalCashBackでボーナス条件を達成した後、出金と報酬の反映が早いTariTaliに移行するのがおすすめです。

別のキャッシュバックサイトから乗り換えても1万円ボーナスを受け取ることはできます。

FXRoyalCashBackにTitanFXのキャッシュバック口座を追加する方法

多くの業者は5分以内にポジションを閉じるとキャッシュバックが受け取れませんが、TitanFXはポジション保有時間の制限がないため、値動きの激しいゴールドの取引にうってつけです。

FXRoyalCashBack経由でTitanFX(タイタンFX)に登録

TitanFXはアフィリエイト報酬の関係で、ゴールドなど貴金属はキャッシュバック額が為替FXの1/4程度になっていますが、スプレッドの狭さで十分にカバーできています。

2019年10月15日にGEMFOREXのオールインワン口座のゴールドのスプレッドが拡大したことで、相対的に地位が上昇。

レバレッジとスプレッドのバランスが最も優秀な業者と言えるレベルになりました。

TariTali経由でTitanFXに登録

有料のZeroブレード口座は無料口座より僅かに平均スプレッドが低下する代わりに1lotあたり0.7ドル(70円程度)の少量の手数料が発生します。

ゴールドの取引に関してはノーマル口座もZeroブレード口座もほとんど差はないので好みで選んでください。

ゴールドとユーロのペアであるXAUEURの取り扱いもあり、スプレッドはXAUUSDとほとんど変わりません。

他の業者ではあまり見かけないオージードルとのペアであるXAUAUDの取り扱いもありますが、見た目上のボラティリティは高いものの、AUDの単価が低いために1pipsあたりの利益額もUSDより低下するのであまり取引をする意味はありません。

FXRoyalCashBack経由でTitanFXに登録

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はキャッシュバック口座がおすすめ
GEMFOREXはキャッシュバック口座がおすすめ

GEMFOREX解説記事

ゴールドを1,000倍と言う高レバレッジで取引できる業者です。

TariTali経由でGEMFOREX(ゲムフォレックス)に登録

無料口座であるオールインワン口座のスプレッドは原則固定で2.2pipsとそこそこの狭さだったのですが、ノースプレッド口座と大差なかったためか、2019年10月15日から3.0pips~に拡大されました(公式のスプレッド表記も変更)。

オールインワン口座のスプレッド拡大は残念ですが、TariTali経由で取引すると無料口座で1lotあたり約13ドルのキャッシュバックがあるため、Exnessに次ぐレバレッジとそこそこのスプレッドを兼ね備えた優秀な環境です。

(GEMFOREXのゴールドのキャッシュバック率は為替FXより高い)

ノースプレッド口座のゴールドのスプレッドは2.1pipsで、以前はキャッシュバック率を含めるとオールインワン口座に実質スプレッドが負けていましたが、オールインワン口座の改悪によりノースプレッド口座の方が優秀になりました。

5分以上ポジションを保有しないとキャッシュバックを受け取れないのは値動きの早いゴールドの取引においては少々気になりますが、キャッシュバック率が他の業者を圧倒しているのでそれほど気にはなりません。

TariTali経由でGEMFOREX(ゲムフォレックス)に登録

前述の通りゴールドは金利がないのでロング時のスワップは基本的にマイナスですが、GEMFOREXでは1lotあたり-2.17ドルと他の業者の1/5程度のマイナススワップなのも大きなメリット。

ポジション保有中の資金移動ができない点、なぜか朝のゴールドの閉場時間が他の業者よりも5分早い点には注意が必要。

せっかくの好条件も窓開けで死亡しては意味がありません。

TariTali経由でGEMFOREX(ゲムフォレックス)に登録

MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)

FXRoyalCashBack経由でMiltonMarketsに登録

最近できたばかりの業者ですが、レバレッジ1,000倍とスプレッド2.5pips前後を両立し条件面では非常に優秀な業者です。

新興の業者なので信頼性があまりないのが難点ですが、口座開設ボーナスをキャッシュバックサイト経由でも受け取ることができるので一応ノーリスクで取引を開始できます。

Milton MarketsはFXRoyalCashBackで取引ボーナス1万円を受け取れるので、FXRoyalCashBackでボーナス条件を達成した後、出金と報酬の反映が早いTariTaliに移行するのがおすすめです。

FXRoyalCashBackのキャンペーン対象業者であることで、ある程度信頼性が担保されていると言えなくもありません。

FXRoyalCashBack経由でMiltonMarketsに登録

XM(エックスエム)

XM解説記事

以前はゴールドのスプレッドが無料口座で3.8pips前後とかなり取引が厳しい条件でしたが、スプレッドが改善され、取引量の多いNY時間には3.0pips前後のスプレッドであることが多くなりました。

レバレッジは為替FXと同じ888倍なので、普通におすすめできる業者です。

有料口座のゼロ口座もスプレッドが以前の半分である1.0pips~に改善され、手数料込みで2.0pipsとこちらも十分使っていけるスプレッドですが、レバレッジは888倍から500倍に低下します。

XMはクロス円などの合成通貨は全体的にスプレッドが広めですが、元々NYダウやナスダックの取引条件は優秀なのでCFDがメインの人なら使いやすい業者と言えるでしょう。

FXRoyalCashBack経由でXMに登録

XMはFXRoyalCashBackで取引ボーナス1万円を受け取れるので、FXRoyalCashBackでボーナス条件を達成した後、出金と報酬の反映が早いTariTaliに移行するのがおすすめです。

エポスゴールドカード

クレジットカード入金が通りやすい業者と言うのも急ぎの入金の際には魅力かもしれません。

ただし、ボラティリティのあるゴールドの取引で熱くなって入金を繰り返すのは非常に危険なので注意を。

海外FX業者に入金できるおすすめクレジットカード紹介

HighRebate経由でXM(エックスエム)に登録

DealFX(ディールFX)

DealFX解説記事

無料のスタンダード口座のスプレッドが1.9pips前後で、スプレッドの変動もほとんどないと言う優秀な業者です。

レバレッジも400倍と高めで問題なく取引できる水準。

DealFXは有料口座のシルバー(XAGUSD)のスプレッドが手数料込みで1.1pips前後とゴールドよりも狭いと言う大きな特徴があります。

単価が安い分シルバーの方がボラティリティがあるので、ゴールドの代わりに取引をしてみるのもいいでしょう。

DealFXはFXRoyalCashBackで取引ボーナス1万円を受け取れるので、FXRoyalCashBackでボーナス条件を達成した後、出金と報酬の反映が早いTariTaliに移行するのがおすすめです。

FXRoyalCashBackにDealFXのキャッシュバック口座を追加する方法 FXRoyalCashBack経由でDealFXに登録

Myfx Markets(マイFXマーケッツ)

Myfx Markets解説記事

無料口座のスプレッドは比較的変動幅が狭く2.1pips前後で安定しており、レバレッジも2021年6月から400倍→500倍に引き上げられて平均以上。

5分以内のポジション保有でもキャッシュバックが受け取れる点とTitanFXよりキャッシュバック率が高い点が魅力的で、ストレスなく取引できる環境です。

Myfx MarketsはFXRoyalCashBackで取引ボーナス1万円を受け取れるので、FXRoyalCashBackでボーナス条件を達成した後、出金と報酬の反映が早いTariTaliに移行するのがおすすめです。

オージー円(AUDJPY)などオセアニア系通貨の取引環境が非常に優秀なのも特徴で、ユーロオージー(EURAUD)ポンドオージー(GBPAUD)などゴールド並に激しい動きをするオージードル絡みの合成通貨も低スプレッドで取引可能です。

プロ口座のゴールドのスプレッドは1.1pips前後とさらに低くなりますが、なぜかキャッシュバック額がUSDではなくオーストラリアドルで発生するので、為替レートにもよりますがほとんど無料口座と差はありません。

FXRoyalCashBack経由でMyfxmarketsに登録

TradeView(トレードビュー)

TradeView解説記事

往復手数料5ドルの有料口座のゴールドのスプレッドが0.24pips前後と非常に狭いのが特徴。

有料口座はTariTaliで1lotあたり2ドルのキャッシュバックが受け取れるので、実質的なスプレッドは0.54pips前後と海外FX業者では最高レベルです。

レバレッジは有料口座で200倍とそこまで高くありませんが、資金力のある人にとっては最良の業者になるでしょう。

TradeViewはFXRoyalCashBackで取引ボーナス1万円を受け取れるので、FXRoyalCashBackでボーナス条件を達成した後、出金と報酬の反映が早いTariTaliに移行するのがおすすめです。

FXRoyalCashBack経由でTradeviewに登録

Evolve Markets(エボルブ・マーケット)

Evolve Markets(エボルブ・マーケット)

Evolve Markets解説記事

スプレッドは変動性ではあるものの1.5pips前後で、TitanFXの有料口座と同等のスプレッド。

レバレッジはTitanFXと同じ500倍で、XPTUSD(プラチナ)やXPDUSD(パラジウム)も500倍で取引できる珍しい業者。

ビットコイン(BTC)FXの取引環境が最高レベルであり、ボラティリティの高いゴールドと、デジタルゴールドと呼ばれるビットコインを一つの業者で取引したい場合は最高の環境と言えます。

Evolve Marketsに登録する

おすすめできない業者

TradersTrust(トレーダーズトラスト/TTCM)

TTCM解説記事

最大レバレッジ数100倍、無料口座のスプレッドは4.0pips前後と、どちらも最低レベルでゴールドの取引環境は最悪です。

有料口座ではだいぶスプレッドが改善されるものの、TTCMに比べれば他のどんな業者もマシに見えてしまうレベルで、ゴールドの取引をする人にはまずおすすめできません。

TariTali経由でTradersTrust(TTCM)に登録

FBS

FBSはキャッシュバック口座がおすすめ

FBS解説記事

為替FXは最大3,000倍と言うレバレッジで取引することが可能ですが、ゴールドのレバレッジは400倍とTitanFX以下になっています。

無料口座では常にスプレッドが3.8pips前後とかなり広いのもマイナスポイント。

有料のゼロスプレッド口座はスプレッドが0~0.1pipsと狭いのですが、手数料がかなり高いので有料口座を使うならTitanFXを使った方がいいですね。

ただし、ロング時のマイナススワップが-2.01とGEMFOREXよりも少ないので、ロングで持ち越しをする場合は一気に他業者とのスプレッドの差を解消できることは覚えておいて損はないと思います。

ゴールドの取引環境はいまいちですが、なぜかプラチナ(XPTUSD)のスプレッドは優秀。

FinalCashBack経由でFBSに登録

AXIORY(アキシオリー)

AXIORY解説記事

総じて優秀なスプレッドのAXIORYですが、無料口座のゴールドのスプレッドは3.1pips前後とやや広め。

その上ゴールドのレバレッジはわずか100倍なのでさすがにおすすめできません。

有料のナノスプレッド口座ではかなりスプレッドが改善されて1pipsほどになりますが、それでも少なすぎるレバレッジを考えると他の業者に見劣りします。

TariTali経由でAXIORYに登録

HotForex(ホットフォレックス)

HotForex解説記事

スプレッド、レバレッジ数やTariTaliのHighRebate口座のキャッシュバック率の高さからXMの上位版と言われることもありますが、ゴールドのレバレッジは200倍。

スプレッドは2.0pips前後と狭いので特別悪い環境と言うこともありませんが、あえてゴールドの取引をHotForexで行う必要もないでしょう。

『1分以内の決済および取引価格が2pips以下の場合はキャッシュバック金額が50%になる』と言う制限はかなり緩いので、スキャルピング取引にも対応できることは魅力的ですが、ゴールドの取引に関しては全体的にTitanFXの劣化版と言えます。

HighRebate経由でHotForexに登録

ゴールド(XAUUSD)の取引可能時間

夏時間

  • 月曜朝7時から
  • 毎日朝6時~7時までは取引不可能
  • 土曜日は朝5時50分まで

冬時間

  • 月曜朝6時から
  • 毎日朝5時~6時までは取引不可能
  • 土曜日は朝6時50分まで

ゴールドは早朝の取引不可能な1時間だけで窓が開いたりするのでこの時間帯にも注意が必要です。

GEMFOREXのみなぜか土曜日の閉場が他の業者より5分早く、45分に閉場します。

GEMFOREXはポジション保有中の出金もできないので寝落ちなどによる意図しない終末の持ち越しには気をつけましょう。

週末の窓開け対策

証拠金計算について

ゴールドの契約サイズはほとんどの業者で1lot=100。

つまりゴールドが1900ドルの時の1lotは0が2つ増えて190000ドルです。

これをレバレッジで割ると1lotのポジションを持つのに必要な証拠金は以下のように。

  • 無制限=スプレッド×lot分のみ
  • 2000倍=190000/2000=95ドル
  • 1000倍=190000/1000=190ドル
  • 888倍=190000/888=213ドル
  • 500倍=190000/500=380ドル
  • 200倍=190000/200=950ドル

ゴールドは0.01lotから持てるので、最小証拠金はこの1/1000になります。

むしろゴールドの1lotは相当なハイレバなので、ボラティリティを考えると0.05lot程度でも十分。

その場合のレバレッジは500倍もあれば不自由はないでしょう。

比較記事一覧

取引所・業者別比較

通貨ペア別比較

ドルストレート/クロス円ペア

マイナー通貨ペア

クロス円以外の合成通貨ペア

株価指数/貴金属/資源CFD

海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります