ドル円(USDJPY)のスプレッド/レバレッジ/スワップ比較|オススメ海外FX業者

ドル円(USDJPY)とは

米ドル(USD)と日本円(JPY)と言う基軸通貨同士の組み合わせによる非常にメジャーなドルストレート通貨ペアです。

為替FX全体で見てもユーロドル(EURUSD)の次に取引量が多く、テクニカルに忠実に動きやすいことからトレーダーからも人気のあるFXの花形と言えます。

ポンド円(GBPJPY)ゴールド(XAUUSD)のように長いヒゲが出現することも少ないので、デイトレやスイングトレードにもオススメ。

初心者の方は合成通貨であるクロス円も先にドル円を触ってみて、円ペアの動きに慣れた方がいいでしょう。

トレンドが長く続きやすい性質からか、FX戦士くるみちゃんでは逆張りを絶対に許さない恐怖の通貨ペアとして出現。

マンガ『FX戦士くるみちゃん』の名言・教訓

ドル円(USDJPY)の取引にオススメの業者

FBS

FBSはキャッシュバック口座がおすすめ
  • 入金ボーナスを使うとレバレッジが下がるのでキャッシュバック口座がおすすめ
    入金ボーナスを使うとレバレッジが下がるのでキャッシュバック口座がおすすめ
  • FBSのキャッシュバックサイト比較

FBS解説記事

入金額が200ドル以下だと3,000倍と言う海外FX業者最大のレバレッジで取引できるのが特徴。

ドル円のスプレッドは時期によっても変わりますが、2020年3月現在は1.4pips前後とレバレッジを考えるとかなり低めに設定されています。

ハイレバレッジ業者ながらキャッシュバックサイトのTariTaliに採用されているのである程度信頼性があるのも魅力。

同じハイレバレッジ業者のExnessは指標発表前後などにレバレッジが低下するのに対し、

FBSは常に最大レバレッジで取引できるのがメリット。

TariTali経由でFBSに登録

Exness(エクスネス)

Exness解説記事

レバレッジ2,000倍での取引が可能で、さらに条件をクリアすることでレバレッジを無制限にできる超ハイレバレッジ業者です。

その割にスプレッドはスタンダード口座で1.1pips程度、最小0.8pipsと狭め。

TariTaliと取引ボーナスのあるFXRoyalCashBackに両方対応しているので、まずは1万円ボーナスをFXRoyalCashBackで受け取ってからTariTaliに移行するのがオススメです。

HF Markets(HotForex)

HF Markets解説記事

XMを凌ぐ1,000倍のレバレッジでドル円の取引が可能で、スプレッドは無料口座で1.6pips程度と平均的。

TariTaliの特別口座HighRebateを利用することで1lotあたり0.8pipsの還元があり、サイト独自のポイントもあるので実質的なスプレッドは0.8以下です。

TariTaliのボーナスは口座に直接キャッシュバックされるので他の業者よりも使い勝手がいい点も魅力。

HighRebate経由でHF Marketsに登録

XM(エックスエム)

XM解説記事

無料口座のドル円のスプレッドは1.6pips程度ですが、HighRebate経由で0.9pipsのキャッシュバックを受け取ることが可能。

さらに無料口座ではサイト独自ポイントのXMPが貯まるので、実質的なスプレッドはさらに縮小されます。

XMPは貯まらないものの、2022年からKIWAMI口座と言う低スプレッド口座が追加されさらに取引しやすくなりました。

ストップロスやTPが滑ることが多々あるのが欠点ではあるものの、ドル円やユーロドル(EURUSD)の取引は問題なく行える業者。

入金ボーナスは最初は50%ですが、入金額が5万円を超えると20%に低下。

5万円以上入金をしたあとは入金ボーナス20%よりもHighRebateのキャッシュバック9%~の方が魅力的なので、

HighRebate経由での口座に資金を移すのがオススメです。

HighRebate経由でXM(エックスエム)に登録

Myfx Markets(マイFXマーケッツ)

Myfx Markets解説記事

無料口座でTitanFXAXIORY以上の1.0pips~と言う低スプレッドと、その2社以上のキャッシュバック率が大きな魅力。

キャッシュバックを受け取るためのポジション保有時間にも制限がないと言うドル円のスキャルピングに最適な業者です。

低スプレッド業者なので最大レバレッジは500倍とやや低くなっていますが、スキャルピングが得意な人ならメリットの方が上回るでしょう。

口座開設ボーナスのあるFXRoyalCashBack対応。

FXRoyalCashBack経由でMyfxmarketsに登録

Land Prime(旧Land-FX)

Land Prime(旧Land-FX)はキャッシュバック口座がおすすめ
Land Primeはキャッシュバック口座がおすすめ

Land Prime解説記事

最大レバレッジ数2,000倍で無料口座の平均スプレッドは1.0pips前後。

TitanFXAXIORYよりも低スプレッドかつ高レバレッジと言う優秀な取引環境。

Land PrimeはTaritaliでキャッシュバックを受け取れます。

TariTali経由でLand Primeに登録

ドル円(USDJPY)のポジションを公開しているX(旧Twitter)アカウント

メジャー通貨ペアだけあって取引している方は多いですが、特に参考になるアカウントをピックアップしました。

まわらないすし@mawarana1sush1

USDJPY

+54.3pipsで利確 pic.twitter.com/xIYnAXg3pR

— まわらないすし (@mawarana1sush1) July 12, 2019

USDJPY

+54.3pipsで利確 pic.twitter.com/xIYnAXg3pR

— まわらないすし (@mawarana1sush1) July 12, 2019

最近Xでの先出しを再開されました。

予想精度はさすがの一言。

デイ~スイング気味のエントリーなので兼業の方にも優しいですね。

設備屋@FX始めました@FX37175895

https://twitter.com/FX37175895/status/1148501149084872704

こちらは比較的短期のエントリーで利益を出すスタイルの方。

損切りもツイートしてくれます。

勇者HCL@yusyaHCL

勇者のライントレード 週足ドル円長期戦略- #USDJPYチャート https://t.co/q1mW1YbPeR

— 勇者HCL (@yusyaHCL) July 6, 2019

勇者のライントレード 週足ドル円長期戦略- #USDJPYチャート https://t.co/q1mW1YbPeR

— 勇者HCL (@yusyaHCL) July 6, 2019

週足をメインにした長期戦略をチャート付きでアップされているアカウント。

非常に活発な無料Discordも運営されています。

ドル円(USDJPY)の値動きの特徴

雇用統計などの指標がある時の値動きは激しいのですが、普段はレンジ相場になりやすいと言う特徴があります。

為替FXに関するファンダメンタルズの確認にオススメのサイト/X(旧Twitter)アカウント

為替FXの中でも取引量が多いので、短期足から長期足まで移動平均線やインジケーターが機能しやすい通貨ペアと言えます。

FX初心者は難易度の高いクロス円を触るより、ドル円などのドルストレートペア触った方がいいでしょう。

ポンド円(GBPJPY)などクロス円が難しい理由

1時間足

5分足

5分足と言う短い時間足の移動平均線のクロスにも素直に反応していることが分かりますね。

一方で109円→111円への上昇や、112円→109円への下降など、一度トレンドが発生するとボラティリティも申し分なし。

2022年のドル高相場では年始からおよそ40円(4,000pips)上がると言う金融商品顔負けの値動きをしました。

取引量が多いだけあってフィボナッチ・リトレースメントがよく効くのも特徴と言えます。

ドル円(USDJPY)のスワップ

円はマイナス金利のため、ほとんどの業者でロングはプラススワップ、ショートはマイナススワップに設定されています。

Exnessは取引量の応じてほとんどの通貨ペアのスワップがゼロになるのでスイングトレードにもオススメ。

GEMFOREXはロングもショートもプラススワップですが、それ以外の条件が悪くあまりオススメできません。

  • スワップは記事投稿時のものであり、常に変動するので取引前にご確認ください。

業者名 HF Markets GEMFOREX Exness XM Myfx Markets Land Prime FBS
スワップロング 0.5 0.213 -0.374 4.23 3.94 2.3 -1.11
スワップショート -11.5 0.287 -3.64 -10.07 -10.36 -10.2 -6.01

ドル円(USDJPY)の早朝のスプレッド拡大

基軸通貨同士のドルストレートペアなので比較的スプレッド拡大は小さい方ですが、ハイレバレッジ業者ではそれなりにスプレッドが拡大します。

業者名 HF Markets GEMFOREX Exness XM Myfx Markets Land Prime FBS
早朝スプレッド 10~ 8.8~ 3.0~ 4.8~ 4.0~ 4.9~ 4.9~
平均スプレッド 1.6~ 1.2 1.1~ 1.6~ 1.1~ 0.9~ 1.4~

レバレッジ1,000倍の業者は取引は厳しい水準で、特にHF Marketsは持ち越しに注意が必要。

XMはレバレッジが1,000倍の割には比較的スプレッド拡大が抑えられています。

サンデードル円

xe.comと言う送金サイトでは土日のドル円レートの確認ができます。

正直為替の相場はFXトレードの参加者で動いているようなものなので、

土日の換金目的の値動きはあまり気にする必要はありません。

サンデードル円など土日の為替レートが見られるxe.comとサンデーダウの価格が確認できるIG証券

比較記事一覧

取引所・業者別比較

通貨ペア別比較

メジャー通貨ペア

マイナー通貨ペア

株価指数/貴金属/資源CFD

サイトについて

スマートフォンとキャッシュバックサイト特化の海外FX&ビットコインFX解説サイト。

検索

カテゴリー

WordPress (6)
アプリ 
キャッシュバックサイト(リベートサイト) (27)
トレード・テクニカル考察 (28)
仮想通貨ゲームアプリ (3)
仮想通貨取引所 
仮想通貨関連アプリ (3)
投資日記 (4)
比較・おすすめランキング (29)
海外FX業者 
節約 (7)
送金サービス (5)