MetaTrader Web Traderのスマホでの使い方

MetaTrader(MT4/MT5)はWebからも使える

スマホアプリやデスクトップアプリ版がメジャーなMetaTraderですが、

実はアプリをインストールせずにWebから取引することもできます。

MetaTrader Web Trader

https://metatraderweb.app/trade

公式Webアプリ。

パソコン版では『サーバー』のところに『XM』など証券会社名の一部を入れるとサーバーの候補が表示されますが、スマホ版では手動入力のみ。

だいたいの証券会社が使えますが、一部の証券会社はこのシステムを使って独自のURLでWeb Traderを提供している場合があります。

例: FXGTのWeb Trader

https://fxgt.com/web/

どちらを使っても操作方法は変わりません。

MetaTrader Web Traderのスマホでのログイン方法

  • 初めてスマートフォンからWeb Traderを使おうとすると警告が出る場合があるので右上の『Accept』をタップ。
  • 口座がMT5の場合は『プラットフォーム』のMetaTrader 5をタップ。

MT5の場合はMetaTrader 5をタップした時点でスマートフォンのレイアウトに変更されますが、

口座タイプがMetaTrader4の場合はパソコン版のレイアウトで以下のログインをする必要があります。

以下はスマホ用レイアウトで解説します。

  • 『既存口座にログインする』をタップ

  • 『ログインを入力』に口座番号を入力
  • パスワードを入力
  • 『サーバー』に取引口座のサーバー名を入力。

一部の海外FX業者は非対応のためサーバー名の入力ができない

口座にログインしました。

MetaTrader Web Traderのスマホでの通貨タイプの追加・取引方法

  • ログイン後、右上の『+(プラス)』アイコンをタップ

  • 追加したい通貨ペア名の一部を入力する
  • 表示された通貨ペアをタップして通貨ペア一覧に追加

  • 取引する場合は通貨ペア名をタップして『取引』をタップ

この後は通常のスマホ版MT5のように取引ができます。

MetaTrader(メタトレーダー)関連記事

スマートフォン MetaTrader Web Traderのチャート表示方法

  • 通貨ペアをタップ後『チャート』をタップ

チャートが表示されます。

アプリ版に比べると質素に見えますが、

左上のえんぴつアイコンから『配色』を『グリーン/ブラック』に変更するとアプリ版に近い見た目に変更可能。

時間足の変更もえんぴつアイコンから行います。

スマートフォン MetaTrader Web Traderのインジケータ追加方法

  • チャート画面右上の『f』アイコンをタップ後、右上の『+(プラス)』をタップ

アプリ版のインジケータは一通り使えます。

20EMAを追加した図。

移動平均線の色を変えることはWeb Traderではできません。

MetaTraderのWeb Traderは何が嬉しいのか?

正直アプリ版より使い勝手の悪いスマートフォンのブラウザから取引できて嬉しい場面はあまりないです。

MT4/MT5アプリを2個同時に立ち上げることはできないので、

どうしてもMTのバージョンが同じ複数の口座で同時に取引したい時くらいですかね。

あとは他人のスマホのシークレットウィンドウでこっそり自分の口座でログインをして取引をするとか…?(最悪)

ものすごく古いスマホでOSのバージョンが合わずにMT4/MT5を入れられない場合とかも考えられなくはない?

まぁWebブラウザからでもMT4/MT5の取引ができることは覚えておいてもいいでしょう。

MetaTrader(メタトレーダー)関連記事

サイトについて

スマートフォンとキャッシュバックサイト特化の海外FX&ビットコインFX解説サイト。

検索

カテゴリー

WordPress (6)
アプリ 
キャッシュバックサイト(リベートサイト) (27)
トレード・テクニカル考察 (28)
仮想通貨ゲームアプリ (3)
仮想通貨取引所 
仮想通貨関連アプリ (3)
投資日記 (4)
比較・おすすめランキング (29)
海外FX業者 
節約 (7)
送金サービス (5)