GMOコインのメリット/デメリットとスマホでの登録/口座開設方法

GMOコイン 登録 01

GMOコインはサーバーが安定している取引所

GMOコイン

GMOコインは国内インフラの大手であるGMOが運営しているだけあってサーバーはとても安定しています。

かつてはレバレッジ最大25倍のビットコインFXが人気でしたが、現在レバレッジは2倍に低下。

それでも国内の取引所の中ではトップクラスに見どころが多い業者になっています。

メリット

仮想通貨と日本円の出金手数料が無料

国内のビットコイン取引所としては非常に珍しく、日本円の出金手数料が無料となっています。

さらにGMOあおぞらネット銀行と連携することで24時間無料で入金可能。

GMOコインに登録する

安定したサーバー

bitFlyer(ビットフライヤー)と異なり、サーバーに関しての苦言はほとんど見かけません。

チャートの描画や注文も非常にスムーズです。

特筆すべきは逆指値によるストップロス注文がほぼ設定した値段で約定することです。

アプリのチャートが見やすい

GMOコイン用のアプリはチャート画面が見やすく、カスタマイズ設定も豊富。

一目均衡表やMACD、RSI、移動平均線などの表示が気軽に確認できるのは大きな魅力。

ただし移動平均線の期間が細かく設定できないので、本格的な取引にはTradingViewなども併用する必要があるでしょう。

アルトコインのFX信用取引ができる

2018年の5月30日から、以下のアルトコインのFX信用取引ができるようになりました。

  • イーサリアム(Ethereum)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • リップル(Ripple)

やはりスプレッドは高めですが、DMMビットコインよりはかなり少なめ。

アルトコインの信用取引がウリだったDMMビットコインは条件面で完全にGMOに追い抜かれ、利用価値がなくなりました。

上昇トレンドの時は非常に強いリップルやビットコインキャッシュのFXが可能なのは大きなメリットと言えるでしょう。

GMOコイン アルトコインFX

アプリの『銘柄』アイコンから切り替えることが可能です。

日本円の出金が無料

母体が大手だけあって、日本円の出金が無料と言う大きなメリットが存在します。

気楽に少額から引き出せるのは助かりますね。

デメリット

取扱コイン数が少ない

ビットコイン(Bitcoin)以外の現物取引可能なラインナップは以下になります。

  • イーサリアム(Ethereum)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • リップル(Ripple)

主要通貨は抑えているものの、やや物足りなさはあります。

販売所はスプレッドが高い

販売所では上記以外のアルトコインを購入することも可能ですが、bitFlyer(ビットフライヤー)と同じく、5%前後のスプレッドが含まれています。

取引所にないアルトコインの取引は避けた方がいいでしょう。

ビットコインFX、アルトコインFXもスプレッドが高い

現物購入時よりは少なめになっていますが、FXでもスプレッドはやや大きめ。

購入した時点で含み損になるので、この点ではbitFlyerFXのスプレッドがほぼない取引環境には見劣りします。

本人確認書類の承認に時間がかかる

2017年末の仮想通貨バブルでは承認に数ヶ月かかっていました。

現在は人員を増やして対応しているようですが、すぐにビットコインの取引をしたい場合は他の取引所と併せて申し込んでおいた方が無難でしょう。

登録方法

基本情報の登録

GMOコインに登録する
  • 上記URLからトップページにアクセス

GMOコイン 登録 01

  • 『口座開設』をタップ

GMOコイン 登録 02

  • メールアドレスを入力
  • 『私はロボットではありません』をタップしてチェック
  • 『無料口座開設』をタップ

GMOコイン 登録 03

GMOコイン 登録 04

  • メールが届くのでURLをタップしてパスワードを設定

GMOコイン 登録 05

以上で登録は完了となります。

他の取引所と同じように個人情報を入力して本人確認書類をアップロードすれば取引所が使えるようになります。

GMOコイン解説記事一覧

GMOコイン

仮想通貨取引所比較記事