ビットコインFX(BTCFX)対応おすすめ取引所とメリット/デメリット

定番になりつつあるBTCFX

2018年のBTCの下落相場により、価格が下がっても利益を出せるビットコインFXが注目を集め始めました。

2021年現在、ボラティリティのあるビットコインにレバレッジをかけられるBTCFXは為替トレーダーの間でも注目を集めています。

この記事では取引所選びの参考にしてもらえるように、ビットコインFXができる国内取引所間の機能を比較してまとめました。

DMMビットコイン、Zaif(ザイフ)は論外なので選択肢に含めていません。

アフィリエイト報酬のためにこれらの劣悪な取引所を推奨してくるブログの記事は疑ってかかった方がいいでしょう。

国内仮想通貨FX対応取引所はレバレッジ数規制の方向

2021年4月22日からbitFlyer(ビットフライヤー)の最大レバレッジ数が4倍に、2019年5月15日からLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)の最大レバレッジ数も4倍になり、2021年にはとうとうレバレッジが2倍に制限されました。

国内為替FX業者の25倍よりはるかに低い設定により、国内の仮想通貨FXの利用価値はかなり微妙なものになっています。

各取引所間のFX取引比較表

優秀な項目は青色にしてあります。

国内取引所

取引所名
bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer
GMOコイン
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)
Liquid by Quoine
BITPoint(ビットポイント)FX
BITPointFX
BITPoint(ビットポイント)レバレッジ信用取引
BITPointレバレッジ信用取引
証拠金 ビットコイン(BTC)/日本円 日本円 日本円 日本円 日本円
最大レバレッジ数 2倍 2倍 2倍 2倍 2倍
スプレッド ほぼ0〜数百円 約2,000円〜 ほぼ0〜数百円 約4,000円〜 約2,000円〜
注文時手数料 なし なし なし 0.035% 0.035%
建玉手数料 0.04%/日 0.04%/日 0.1%/日 0.035%/日 0.035%/日
強制ロスカットされる維持率 50%(滑る時がある) 75% 110% 100% 100%
追証 あり あり あり あり あり
取引所名
bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer
GMOコイン
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)
Liquid by Quoine
BITPoint(ビットポイント)FX
BITPointFX
BITPoint(ビットポイント)レバレッジ信用取引
BITPointレバレッジ信用取引
IFD/OCO注文 対応 対応 非対応 対応 非対応
サーバー 重め、ストップ位置が著しくズレることがある 軽い 軽い 軽い 軽い
建玉の部分決済 可能 可能 建玉ごと 可能 建玉ごと
アプリ なし、リリース予定でベータテスト中 あり あり あり なし
アプリ/WEB版の操作性 板の動作によってボタン位置がズレる 良好 慣れれば使いやすい MT4が使えるので非常に良好 ややクセがある

海外取引所

取引所名
FXGT/CryptoGT(クリプトGT)
FXGT/CryptoGT
Evolve Markets(エボルブ・マーケット)
Evolve Markets
Bybit(バイビット)
Bybit
Bitterz(ビッターズ)
Bitterz
証拠金 仮想通貨 仮想通貨 仮想通貨 日本円/ドル/仮想通貨
最大レバレッジ数 1000倍/500倍 100倍 100倍 888倍
スプレッド 約1000円/10ドル〜30ドル 2ドル前後 10ドル前後 20ドル前後
注文時手数料 なし 片道0.075% 成行0.075% なし
建玉手数料 通貨ペアによって変動、かなり高め 日跨ぎ時に発生、ロングもショートもマイナススワップ 8時間ごと なし
強制ロスカットされる維持率 50% 80% 0.5% 100%
追証 なし なし なし なし
取引所名
FXGT/CryptoGT(クリプトGT)
FXGT/CryptoGT
Evolve Markets(エボルブ・マーケット)
Evolve Markets
Bybit(バイビット)
Bybit
Bitterz(ビッターズ)
Bitterz
IFD/OCO注文 対応 対応 対応 対応
サーバー 軽い 非常に軽い 軽い 軽い
建玉の部分決済 可能 可能 建玉ごと 可能
アプリ あり あり なし あり
アプリ/WEB版の操作性 MT5が使えるので非常に良好 MT4/MT5が使えるので非常に良好 WEBとしては使いやすい MT5が使えるので非常に良好

各取引所間は一長一短だが優劣はある

表を見てもらえば分かりますが、完璧な取引所はありません。

重視する項目によって取引所を使い分ける必要がありますが、総合的には国内ではGMOコイン、海外取引所を含めるとFXGTBybitBitterzが優秀だと思います。

信頼性の高いBybit

Bybit(バイビット)

最大レバレッジ100倍と低スプレッドが魅力のBTCFX業者。

出金拒否報告がなく、トレード大会を頻繁に開催するなど、信頼性の高さが魅力。

ある程度資金のある方や出金の不安を抱えたくない人はBybitを使うべきです。

bybitに登録する

取引手数料が取られるもののバランスの良いEvolve Markets(エボルブ・マーケット)

Evolve Markets(エボルブ・マーケット)

BTC価格が10,000ドルの時に往復で約15ドルの手数料が取られますが、レバレッジ100倍で非常に軽いサーバー、狭いスプレッドは魅力的です。

以下のようにBTCFX以外も優秀なので、一つの業者で多くの商品を取引したい場合におすすめできる業者。

  • ゴールド(XAUUSD)のレバレッジも最大500倍でスプレッドも低く優秀
  • 為替FXも低スプレッドとレバレッジ1,000倍で取引可能
Evolve Marketsに登録する

口座開設ボーナス1万円と最大のレバレッジが魅力のBitterz

Bitterz解説記事

1万円相当のBTCが受け取れる口座開設ボーナスを実施している仮想通貨FX業者。

最大レバレッジが888倍BTCペアは全てプラススワップと見どころの多い業者です。

TariTaliに対応しており、スプレッドの40%をキャッシュバックとして受け取れます。

TariTali経由でBitterzに登録

レバレッジ1000倍とMT5対応が魅力のFXGT

FXGTはキャッシュバック口座がおすすめ
FXGTはキャッシュバック口座がおすすめ

BTCFX対応取引所の中では最大のレバレッジ1,000倍(3,000ドル相当のポジションまで)と追証なしのゼロカットシステムが最大の魅力のFXGT

とは言え3,000ドル相当のポジションと言うのはBTC価格が3万ドルの時に0.1lot。

口座残高が250ドル未満の時に888倍で取引できるBitterzとどっこいの比較的厳しい制限ですが、残高に左右されないのは魅力と言えるかもしれません。

TariTali経由でFXGTに登録

MT5対応なので操作性は非常に良好で、サーバーも軽いためポジションも即約定します。

以前はスプレッドがBTC/USDの場合は5ドル前後でしたが、BTCの価格上昇により現在は平均20ドルほどになりました。

国内取引所は全てレバレッジが2倍なので、レバレッジに魅力を感じるならCryptoGTが筆頭候補と言えるでしょう。

口座開設ボーナスで100ドルを受け取ることができます。

TariTali経由でFXGTに登録

FXGTの姉妹サイトCryptoGT

CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGTはFXGTと同じHatio社が運営するBTCFX/FX業者で基本的な取引条件は同じです。

以下の面でFXGTに見劣りしますが、入金ボーナスを頻繁に開催しているので、FXGTのサブ口座として運用するのがおすすめ。

  • TariTali非対応
  • 口座開設ボーナスが3,000円

FXGTと交互に運用することで、かなりの高頻度で入金ボーナスを使った取引ができます。

CryptoGTに登録する

為替FXのレバレッジが無制限でBTCFXも備えるExness

Exnessは為替FX/ゴールド(XAUUSD)のレバレッジが2,000倍~無制限で、BTCFXもレバレッジ200倍で行うことができる業者です。

BTCFXのスプレッドはあまり優秀ではありませんが、BTCFXは土日くらいしか触らない、と言う人がお試しで触る程度なら考慮に入れてもいいでしょう。

国内取引所でアプリの使い勝手を重視するならGMOコイン

GMOコイン

MTが使えるBITPointCryptoGTを別枠にすると、アプリの使い勝手ではGMOコインが群を抜いています。

IFD/OCO注文にも対応しているので、やや高いスプレッドさえ許容できるなら非常に優秀。

ただし、暴騰・暴落時にはスプレッドが極端に広がる場合があることには注意が必要。

国内では最大のレバレッジ10倍での取引が可能でしたが、他の取引所と同じく最大2倍に変更されました。

ストップロス注文は非常にスムーズに決済され、bitFlyerのように滑ることはありません。

MT4が使えるBITPointFX

ビットポイント

スマホアプリも大変使いやすいMT4が使えると言う国内取引所では唯一無二の長所を持つBITPointFX。

MT4が使える上に最大レバレッジ数やサーバーも優秀なので取引時のストレスは皆無です。

代償としてスプレッドが約4,000円と非常に高めになっており、短期トレードには全く向いていません。

スプレッドが軽減されたら非常に優秀ですが、現状はボラティリティが大きなときにしか使えないでしょう。

MT4のスマホアプリの圧倒的な使い勝手の良さは捨てがたいですが、MTが使いたいならCryptoGTEvolve Marketsと言う選択肢が出てきてしまうのが辛いところです。

FXと一長一短の関係にあるBITPointのレバレッジ信用取引

パソコン版でのWEB版取引は比較的使いやすいのですが、スマホだと縦長の画面になってしまうのであまり使い勝手がよくありません。

BITPointFXとは一長一短の関係と言えるでしょう。

短期トレード(スキャルピング)を多く行うならbitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerFX注文時の手数料が無料で、板取引なのでスプレッドもほぼないのが特徴。

日を跨がなければ手数料がかからないため、スキャルピング取引に向いている取引所と言えますね。

反面、サーバーの状態によってストップ位置が大きくズレたり、利確や損切りができないことがあると言う大きなデメリットがあります。

IFD/OCO注文ができるのは評価できますが、現状ではアプリをリリースしておらず、WEB版の操作性もそれほど良くありません。

また、現物とFXの価格が乖離するとSFDと言う仕組みにより、ロングまたはショートどちらかの手数料が飛躍的に上がるシステムが導入されています。

サーバーの軽さと使い勝手のバランスに優れていたが改悪されたLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineはサーバーが軽く、アプリも慣れれば使いやすい取引所です。

IFD/OCO注文に対応していないのが残念ですが、スプレッドが狭いので成行注文で入って『決済逆指値(ストップ)』『指値(利確/テイクプロフィット)』を設定するなどの対処方法が考えられます。

それほど板が厚くない上に現物と信用取引の板が共通なので、暴騰・暴落時に他の国内取引所と乖離した値段になり、ヒゲでストップに引っかかってしまうことがあるのは注意が必要です。

ストップ設定は他の取引所より気持ち大きめに設定しておくといいでしょう。

2019年4月8日からポジション管理料が大幅に引き上げられ、さらに同年5月15日から最大レバレッジ数が4倍に引き下げられました。

アプリの使い勝手はそこそこ優秀ですが、とにかく午前1時、午前9時、午後5時に徴収される高すぎるポジション管理料がネック。

スイングトレードはおろか、デイトレードにも使いづらくなってしまいました。

パソコン版では他の取引所も視野に

スマホでの操作性に重点を置くならCryptoGTLiquid by QuoineGMOコインがおすすめですが、BITPointレバレッジ信用取引やbitFlyerFXはパソコン版の広い画面ではかなり使い勝手が改善されます。

bitFlyerFXに関しては固定回線が使える環境なら動作の重さもある程度相殺できるでしょう。

使用環境や目的に応じて普段とは違う取引所を試してみるのもいいと思います。

仮想通貨取引所比較記事