仮想通貨リップル(Ripple)をスマホで購入する時におすすめの取引所

Ripple(XRP) ロゴ

仮想通貨リップル(Ripple)とは?

  • 総発行枚数: 1,000億枚
  • 現在発行枚数: 約392億4,000万枚
  • 通貨単位: XRP
  • 公式サイト: https://www.ripple.com/

Ripple(XRP) ロゴ

日本でも人気の仮想通貨リップル。

他の仮想通貨と違ってブロックチェーン技術を使っておらず、リップル社と言う特定の企業によりある程度管理されていると言う中央集権的な特徴があります。

長所は決済手段として使われることを前提とした送金スピードの早さと送金手数料の安さ。

銀行との提携を次々と発表しており、将来的に決済に使われる可能性が最も高い仮想通貨と言えるでしょう。

時価総額は現在3位で、2017年の年末の高騰時にはイーサリアム(Ethreum)を抜いて2位になりました。

仮想通貨リップル(Ripple)を買うのにオススメの取引所は?

1位: GMOコイン

GMOコイン

リップルを板取引で購入することができるため、低めのスプレッドが魅力。

GMOあおぞらネット銀行で24時間入金可能、ペイジー対応、銀行口座への出金が無料と入出金周りのメリットが多く、さらに逆指値にも対応しているので損失も出しづらく、欠点の少ない取引所です。

開設する取引所に迷ったらとりあえずGMOコインを開設しておきましょう。

GMOコイン

2位: Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid by Quoine

日本円で直接リップルを購入することができるLiquid by Quoine。

やや板は薄いですが、通常の取引に不自由を感じることはないでしょう。

Liquid by Quoineは日本円ペアでの取引手数料は無料で、アプリも使いやすいので、スマホでも簡単に目当ての仮想通貨が購入できるでしょう。

Liquid by Quoine

3位: bitbank(ビットバンク)

bitbank

かつて日本国内ではリップルの取引量が最も多かっただけあって、必要な時に必要なだけ購入・売却ができると流通量が魅力。

アプリで簡単に取引が行えるのも嬉しいところ。

逆指値ができないのがデメリットのため、GMOコインやLiquidよりも順位を落としました。

bitbank

その他

海外取引所のBINANCE(バイナンス)も安い取引手数料でリップルを買うことができます。

日本円で買える取引所が多いのでBINANCEでリップルを買う理由は特にありませんが、BINANCEに仮想通貨を送金する場合は、送金が早く手数料が安いリップルが一番オススメです。

BINANCEにリップルを送った後でリップルを売却してビットコインに変えれば、ビットコインとの通貨ペアでたくさんの仮想通貨が購入できます。

BINANCE(バイナンス)