仮想通貨リスク(Lisk)をスマホで購入する時におすすめの取引所

Lisk(LSK) ロゴ

仮想通貨リスク(Lisk)とは?

  • 総発行枚数: 制限なし
  • 現在発行枚数: 約1億600万枚
  • 通貨単位: LSK
  • 公式サイト: https://lisk.io/

Lisk(LSK) ロゴ

斬新な設計から熱烈なファンが多い人気の仮想通貨リスク。

bitFlyer(ビットフライヤー)に上場した時には大きな話題になり、一時期日本円では5,000円台まで高騰しました。

リスク(Lisk)はイーサリアム(Ethreum)によく似たプラットフォーム型

イーサリアムと同じく、ブロックチェーン技術を使ったアプリケーションのプラットフォーム(実行環境)を目指して設計されました。

2016年に開発された比較的新しい仮想通貨であり、その将来性に期待している人達の注目を集めています。

イーサリアム(Ethreum)に対して性能で有利な点が多い

サイドチェーン

リスクはサイドチェーンと呼ばれる拡張性の高い機能を実装しています。

リスクを使ったアプリケーションはリスク本体とは切り離された場所で実行されるため、リスクのアプリケーションが攻撃を受けた場合もリスク本体には影響を及ぼしません。

イーサリアムはハッキング攻撃を受けたため、その被害をなかったことにするためにイーサリアム・クラシックと分裂したと言う経緯がありますが、サイドチェーンが使えるリスクではそのような事態になる可能性は低いと考えられています。

リスク上のアプリケーションはJavaScriptで開発できる

イーサリアムのアプリケーションはイーサリアム用のプログラミング言語で書かないといけませんが、リスクのアプリケーションはウェブサイトなどで使われるJavaScriptで開発することができます。

イーサリアムに比べて開発が簡単なので、リスクが正式にリリースされたらリスクアプリケーションによる開発が活発化することが考えられます。

リスクはまだベータ版

開発途中であるリスクは将来性に投資をされている状態ですが、日本円での最高値が5,000円近くまで行ったことがあります。

2021年現在では過去最高値に対してかなりお買い得な価格になっていますが、

仮想通貨リスクを買うのにオススメの取引所は?

1位: BINANCE(バイナンス)

海外取引所であるBINANCEが1位。

板取引のため、日本国内の取引所よりも価格と手数料が安いと言うメリットがあるので、ある程度仮想通貨の取引に慣れたらBINANCEを開設しておくと取引の幅が広がります。

アプリの使いやすさも大きな特徴の一つ。

BINANCE(バイナンス)

2位: Coincheck(コインチェック)

Coincheckは販売所形式ですが、bitFlyerよりもスプレッド(手数料)が安いので、日本国内でリスクを買うのであればはCoincheckが一番おすすめ。

3位: bitFlyer(ビットフライヤー)

日本円で簡単に買うことができるbitFlyerが3位になりました。

Coincheckに比べてもスプレッドがかなり高く、買った時点で損をしてしまうので、可能であればBINANCEで購入することをオススメします。

買う量が少ないなら手数料の問題はそれ程深刻ではないので、できるだけ簡単に、少量のリスクを買いたいと言う人にはオススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります