Exness(エクスネス)のスプレッド/レバレッジ、スマホでの登録方法を解説

Exness(エクスネス) 登録 07
使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

Exness(エクスネス)とは

2008年から運営を開始した老舗のFX業者で、2,000倍~条件付き無制限と言う高レバレッジ、低めのスプレッドが特徴。

一時期は日本人の利用を制限していましたが、2020年4月からふたたび日本人でも登録できるようになりました。

日本語対応はほぼ完璧で、セイシェルやキプロスの金融ライセンスも取得済み。

最大レバレッジが3,000倍のFBSと並んで、少額でFXを始めたい方にオススメできる業者です。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

FPA(ForexPeaceArmy)での評判・評価

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

https://www.forexpeacearmy.com/forex-reviews/5828/exness-forex-brokers

世界最大のFX業者評価サイトFPAでの評価は2022年3月時点で3.169。

レバレッジ1,000倍以上の業者は低評価になりがちなことを考えるとなかなか評判のいい業者と言えますね。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

Exness(エクスネス)のメリット

最大レバレッジ2,000倍~無制限

以下の条件をクリアすることで最大レバレッジ無制限での取引が可能になります。

  • 合計5lot以上の取引
  • 10回以上の取引
  • 口座残高が1,000ドル未満

経済指標の発表前、土曜日の閉場まで3時間以内の時間ではレバレッジが200倍に制限されるので、高いレバレッジをあてにしすぎてもいけません。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

レバレッジ2,000倍での取引は取引をしなくても適用できますが、こちらも同じく指標の発表前や閉場の前にはレバレッジが200倍に制限されます。

せっかくのハイレバレッジですが、持ち越しギャンブルに使えないのは残念ですね。

為替FXではFBSが3,000倍のレバレッジに対応しているのであまりインパクトはありませんが、Exnessの場合はゴールド(XAUUSD)をレバレッジ2,000倍~無制限で取引できるのが大きな特徴。

ゴールドのボラティリティを生かしたハイリスク・ハイリターンの取引をしたい場合は魅力的な業者です。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

FBSは口座残高が200ドルを超えるとレバレッジが2,000倍に制限され、さらに口座残高が2,000ドルを超えるとレバレッジが1,000倍に低下。

口座残高3,000ドルまでレバレッジ2,000倍で取引できるExnessの方が実質的に高レバレッジと言えるかもしれません。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

両建てに一切の制限なし

Exnessの最大のメリットと言ってもいいでしょう。

同じ口座での両建て取引はもちろん、複数口座で反対のポジションを持つことも特に制限がありません。

Exnessはドル円(USDJPY)EURUSD(ユーロドル)などのドルストレートの通貨ペアのスプレッドは1pips未満なので、

  • 15ドルずつ入金
  • それぞれ1lotずつのポジションでロング・ショートをそれぞれ両建て

のようなフルレバ両建てポジションを持つこともできます。

さらに通常口座はキャッシュバックサイト経由でスプレッドの38%がキャッシュバックされるので、例として使った15ドル全額がなくなることもありません。

Exness(エクスネス)のキャッシュバックサイト/実質スプレッド比較

日本語完全対応

日本人が登録できなかった時期があるとは思えないほどサイトの日本語化は進んでおり、登録方法もかなりシンプル。

他の海外FX業者を使ったことがある人ならすぐに登録できるでしょう。

TariTali経由でExnessに登録

強制ロスカット率が0%

ハイレバレッジ業者でも強制LC率は20%を採用している業者が多い中、Exnessは資金がゼロになるまでポジションを保有できます。

もちろんゼロカットシステムも完備しているので、急な値動きで残高がマイナスになっても追証にはなりません。

急激に値段が変動した場合、ゼロカットに猶予がある

Exness(エクスネス) ゼロカット 猶予 01

2022年からゼロカットに関して以下の改良がされました。

  • スプレッドの変動が大きい場合には平均レートでゼロカットを行う

とは言え、この状況から生還する確率は極めて低いのであまりにハイレバレッジでの取引は避けた方が無難です。

(もし画像のポジションが生き残ってさえいればその後ユーロドル(EURUSD)は300pips以上下落したのですが…)

狭いスプレッド

無料口座でのドルストレートペアのスプレッドは平均1.0~2.0pips程度で、FBSと同じく最大レバレッジの割にはかなり優秀です。

クロス円も概ね1.5~2.0pips前後で、為替ペアのスプレッドに不満を感じることはありません。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

一定量取引でスワップフリーになる

元々Exnessのマイナススワップはかなり低めですが、ある程度取引をするとゴールドやBTCだけでなくメジャー通貨ペアのスワップもゼロになります。

優れたBTCFX(ビットコインFX)環境

仮想通貨FXのリリース当初はレバレッジが100倍でしたが、以下のように段階的に引き上げられています。

  • 2021年4月26日から仮想通貨FXのレバレッジが100倍から200倍
  • 2022年1月27日にBTCUSDとETHUSDのレバレッジのみ400倍に

為替FXがメインの業者としては最高レベルのBTCFX環境と言って間違いありません。

無料口座のBTCUSDのスプレッドは50ドル~と広めでしたが、

こちらも2022年1月31日から改善され、無料口座では30ドル~50ドル程度のスプレッドで取引できるようになりました。

レバレッジ最大1,000倍のCryptoGTFXGT、888倍のBitterzに比べると最大レバレッジではやや見劣りしますが、正直BTCのレバレッジは400倍もあれば十分です。

最大のメリットはロングでもショートでもスワップが発生しないスワップフリーと言う点。

プラススワップのBitterzを除き、他の業者では通常BTCFXではかなりのスワップが発生することになりますが、Exnessではそのような心配は必要ありません。

ビットコインFX(BTCFX)対応オススメ取引所とメリット/デメリット

豊富な仮想通貨ペア

元々ある程度有名なアルトコインはほぼサポートしていましたが、2021年10月21日からさらに豊富なアルトコインをサポート。

仮想通貨FXを好むトレーダーにとっても見逃せない業者になってきました。

MT5でのみ取引可能

  • AAVEUSD(Aave)
  • LINKUSD(Chainlink)
  • IOSTUSD(IOST)
  • DOGEUSD(Dogecoin)
  • COMPUSD(Compound)
  • THETAUSD(Theta)
  • CAKEUSD(PancakeSwap)
  • MATICUSD(Polygon)
  • HTUSD(Huobi Token)
  • MANAUSD(Decentraland)
  • HBARUSD(Hedera Hashgraph 
  • 1INCHUSD(1inch)

MT4/MT5どちらでも取引可能

  • DOTUSD(Polkadot)
  • XTZUSD(Tezos)
  • ADAUSD(Cardano)
  • BNBUSD(Binance Coin)
  • ENJUSD(Enjin Coin)
  • FILUSD(FileCoin)

アルトコインのスプレッドはBTCに比べると広めですが、2022年1月31日にBTCのスプレッドが削減されるのに合わせてLINKUSDとUNIUSDのスプレッドが狭くなりました。

bitwallet対応

超ハイレバレッジ業者としては珍しくbitwalletに対応しています。

Exnessへのクレジットカード入金はたいていのカードが拒否されますが、bittwallet経由ならほぼ全てのクレジットカードで入金が可能。

ただしクレジットカード入金の手数料が発生するので、

  • bitwalletに銀行振込→Exnessに入金

がオススメです。

海外FX業者に入金できるオススメのクレジットカード紹介

スタンダード口座は1ドルの入金から取引ができるので、少額チャレンジにも向いています。

ドル口座から為替手数料ゼロで日本円で出金ができる

Exnessは日本円の口座を作ることも可能ですが、米ドル建ての口座から日本円で出金することが可能なのも大きな特徴。

為替手数料がかからないので、他国通貨から日本円に交換したい場合、bitwalletに出金してから両替するよりもExnessの外貨口座から直接出金した方が安上がりです。

と言うのもbitwalletは為替手数料が米ドル→円で2円(200pips)ほど発生するので、bitwalletに米ドルなどの外貨を入金する人はそのためだけにExnessを開設する価値があります。

国内キャッシュバック業者の多くが対応

サービス開始当初はPREMIUM TRADINGなど海外のキャッシュバックサイトしか対応していませんでしたが、現在はTariTaliFXRoyalCashBackなど多くのキャッシュバックサイトが対応しています。

PREMIUM TRADING

オススメの使い分け方法は以下。

FXRoyalCashBack経由でExnessに登録
  • 最初は10lot取引で1万円もらえるキャンペーンを実施しているFXRoyalCashBackを使う
TariTali経由でExnessに登録
  • その後は無料口座がメインならキャッシュバック率が高いTariTali
PREMIUM TRADING経由でExnessに登録
  • 有料口座がメインならキャッシュバック率がメジャー通貨ペアでTariTari以上のPREMIUM TRADING

PREMIUM TRADING解説記事

ちなみに、個人でExnessの独自キャッシュバックをしているブログなどが見受けられますが、

条件は10lotで5,000円分のAmazonギフト券プレゼントやExnessに入金で3,000円プレゼントなど正直ショボいです。

キャッシュバックサイト経由なら1lotあたり最大でスプレッドの38%のキャッシュバックがもらえるので、

大抵の通貨ペアでは10lot取引すればAmazonギフト券よりもキャッシュバック額の方が大きくなります。

Exness(エクスネス)のキャッシュバックサイト/実質スプレッド比較

一般人に個人情報を開示するリスクがあるのに金額が見合っていないので、怪しい独自キャッシュバックを受け取るよりもTariTaliやPREMIUM TRADINGを使った方がいいですね。

PREMIUM TRADING

Exnessは現在、マイページから任意でキャッシュバックサイトを切り替えられる珍しい業者になっています。

切り替え方法は以下のページに記載しました。

Exness(エクスネス)のキャッシュバックサイト/実質スプレッド比較

ゴールド(XAUUSD)、BTC、株価指数のスワップがゼロ

NYダウ チャート

Exnessが力を入れているゴールド(XAUUSD)、そしてBTCに加え、2021年5月11日からNYダウなど全ての株価指数と株式がスワップフリーになりました。

ゴールド(XAUUSD)のスプレッド/レバレッジ/スワップ比較

株価指数のスプレッドはイマイチですが、株価指数は長期で買い、と言うのが基本なので嬉しい変更点。

XMなどスワップのない先物を取引できる業者を使うのも手ですが、先物にはスワップがない代わりに期限があります。

さらに前述のように『一定量の取引で為替FXのスワップもフリーになる』上、もともとスワップが低いので持ち越しに関してはそれほど神経質になる必要がありません。

ハイレバ業者の割には為替FXや株価指数の早朝のスプレッド拡大も比較的マシな部類で、よほどのハイレバでない限り早朝のスプレッドを気にしなくてもOK。

Exness(エクスネス)のデメリット

株価指数のスプレッドが広め

以前は株価指数のレバレッジが平均的な100倍なのに対して、スプレッドはXMの2倍以上と全く見どころがありませんでした。

  • 2021年8月30日から香港ハンセン指数を含む全ての株価指数のレバレッジが200倍に変更
  • 2022年1月27日からダウ、ナスダック、S&Pの米株価指数のレバレッジが400倍に変更

以上のようにレバレッジに関しては改善されましたが、やはりスプレッドの広さは厳しいところ。

  • ノーマル口座のナスダックのスプレッドは4pips以上
  • ノーマル口座のNYダウのスプレッドは8pips以上

さらに金曜日の株価指数の閉場が他の業者よりも早く、夏時間は午前5時に閉場してしまうことに注意が必要。

設定ミスのためか、SL/TPも64pipsほど離れたところにしか設定できません。

経済指標の発表前後と閉場3時間前にはレバレッジが制限される

前述の通り、経済指標の発表前後にはレバレッジが200倍に制限されます。

具体的には経済指標発表15分前と発表後の5分間がレバレッジ制限の対象ですが、

イギリスやカナダのあまり重要でない指標も対象なので

  • 夏時間16時~冬時間17時台、夏時間21時~冬時間22時台

の取引には注意が必要。

市場が閉まるまで3時間を切るとやはりレバレッジが200倍に制限されるので、持ち越しギャンブルには向いていません。

スプレッドが広がることが多い

普段のスプレッドは優秀ですが、ポンドやゴールドなどが短時間で大きく動いたあとはスプレッドが4pips~8pips程度に広がっていることが目立ちます。

もちろんこのスプレッドで新規ポジションを取るのはちょっと話にならないので、成り行きでポジションを取る時はスプレッドを確認しておきたいところ。

Exnessのキャッシュバックはスプレッドに対して発生するので、スプレッドが開いている時はキャッシュバックも大きくなりますが当然金額の損失の方が大きいです。

SL(ストップロス)の置ける位置がやや遠い商品がある

ゴールド(XAUUSD)などは14pipsほど離れたところにしかストップロスを置けないため、ハイレバレッジ取引において重要な建値ストップを中々入れられないと言う欠点があります。

同じハイレバレッジ業者でもFBSはすぐに建値ストップを置けるので、この点では見劣りします。

HPの表示が重い時がある

bitwalletやクレジットカードで入金しようとした時になかなか入金処理が終わらずにチャンスを逃してしまうことも。

入金・資金移動の速度が遅い

WEBページの表示が遅いだけでなく、入金の承認自体も時間がかかることが多々。

  • bitwalletからの入金に20分以上かかることがある
  • 口座間の資金移動も数分程度待たされることが多い

クレジットカード入金だけは高速ですが、そもそもExnessへの決済が通らないカードが多いのが難点。

Exnessへの入金は余裕をもって行っておいた方が良いでしょう。

特に他の業者ならすぐ終わる口座間移動にやたら時間がかかるのはナゾ。

日本語サポートの品質は悪い

返答が遅く、内容も「ああ、ここのサポートはWEBの知識が全くないんだな」と分かってしまうようなレベルのもの。

例外的にサポートの品質が良いTitanFXを除き、海外FX業者のサポートはどこも低レベル。

Exnessのサポートにも期待はしない方がいいでしょう。

入金ボーナスが一切ない

Exnessの取引条件で最大の弱点。

レバレッジ無制限をフルに生かした取引をするとあっと言う間にゼロカットされることも。

GEMFOREXFXGTなどが入金ボーナスを行っている時はそちらで取引することをオススメします。

MT4/MT5比較

Exness(エクスネス)のキャッシュバックサイト/実質スプレッド比較

実質スプレッドの検証により、Exnessは無料口座はスタンダード口座、有料口座はゼロ口座がオススメですが、MT4とMT5でも微妙な違いがあります。

口座タイプ MT4 MT5
サーバー やや遅い 快適
日経平均 取引不可 スタンダード口座のみ取引可
レバレッジ スタンダード口座で無制限 2,000倍

日経平均はMT5スタンダード口座でのみ取引可能、レバレッジ無制限口座はMT4スタンダード口座でのみ取引可能。

サーバーのレスポンスはMT5の方が優秀なので、ゴールド(XAUUSD)など値動きの早い商品の取引をする場合はMT5の方が約定のしやすさで有利かもしれません。

Exness(エクスネス)の登録方法

PREMIUM TRADING(プレミアムトレーディング) Exness(エクスネス) 登録

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

PREMIUM TRADINGを使う場合は『ブローカー選択』をタップしてExnessを選択。

PREMIUM TRADING経由でExnessに登録

PREMIUM TRADINGのキャッシュバック額は直接Exnessの口座に出金できると言うメリットがあります。

TariTali経由でExnessに登録

キャッシュバックサイトを使うデメリットはないので、基本的にPREMIUM TRADINGかTaritaliでキャッシュバックを利用することをオススメします。

TariTali経由でExnessに登録

Exness(エクスネス) 登録 01

  • 『はい、口座開設へ進みます。』をタップ

Exness(エクスネス) 登録 02

MT4とMT5の両方に対応していますが、レバレッジ無制限に対応しているのはMT4のみです。

前述の通りレバレッジ無制限の適用には条件がありすが、無制限のレバレッジを試したい場合はMT4を選びましょう。

日経平均の取引はMT5の口座でしか取引できないことに注意が必要。

Exness(エクスネス) 登録 03

『サインインまたはサインアップ』をタップ

Exness(エクスネス) 登録 04

  • 居住国のセレクトボックスから『Japan(日本)』を選択
  • メールアドレスを入力
  • パスワードを入力

パスワードはアルファベットの大文字小文字両方と数字が必要です。

Exness(エクスネス) 登録 05

  • 『私は、納税義務のある米国市民または米国居住者ではないことを確証および誓約します。』をタップしてチェック
  • 『続行』をタップ

Exness(エクスネス) 登録 06

  • ここまででアカウント登録は完了なので、続けて『入金する』をタップ

Exness(エクスネス) 登録 07

  • 『実際に取引する』をタップ

Exness(エクスネス) 登録 08

Exness(エクスネス) 登録 09

  • 電話番号認証画面に移動するので、先頭の0を抜いた電話番号を入力
  • SMSで確認コードが届くのでコードを入力
  • 『続行』をタップ

Exness(エクスネス) 登録 10

  • 名前、生年月日、住所を入力

住所は地番まで入力しなくても通りました。

Exness(エクスネス) 登録 11

『プロフィールの確認』をタップ

本人確認書類アップロード

Exness(エクスネス) 本人確認書類登録 01

  • 職業、雇用状況、年収、貯蓄などを入力

Exness(エクスネス) 本人確認書類登録 02

  • アップロードする書類を選択

Exness(エクスネス) 本人確認書類登録 03

  • 表面と裏面をアップロードしたら『次へ』をタップ

Exness(エクスネス) 本人確認書類登録 04

  • 注意が表示されるので『確認して続行』をタップ

Exness(エクスネス) 本人確認書類登録 05

Exness(エクスネス) 本人確認書類登録 06

本人確認書類の審査に入りますが、数分で終わります。

Exness(エクスネス) 登録 07

  • 続いて『居住確認書類のアップロード』をタップ
  • 水道料金やガス料金など現住所を確認できるものをアップロード

Exness(エクスネス) 登録 08

こちらも確認は数分で終わります。

居住確認書類のアップロードが終わると入金が可能になります。

Exness(エクスネス) 登録 09

入金手段

クレジットカード入金を始めbitwallet(ビットウォレット)、Stickpay(スティックペイ)、WebMoney(ウェブマネー)、ビットコイン(BTC)などに対応。

日本で発行したクレジットカードはほぼ弾かれてしまいますが、JCBのデビットカードは入金が通りました。

一旦bitwalletやStickpayにクレジットカードで入金してから資金移動をするのが確実ですが、それなりの手数料が取られるのでまずは銀行のデビットカードを試してみましょう。

手数料を考えるとBTCでの入金も悪くありません。

PREMIUM TRADING

PREMIUM TRADINGのキャッシュバック額をExnessの口座に直接入金することもできるので、その意味でもPREMIUM TRADING経由で口座を開設しておくことはオススメです。

PREMIUM TRADING

口座に入金が完了するとMetaTraderでの取引が可能になりますが、アカウント登録時に開設した取引口座のパスワードはアカウントのパスワードと同じものに設定されます。

念の為マイページから口座のパスワードを変更しておいた方がいいでしょう。

レバレッジの変更方法

Exness(エクスネス) レバレッジ変更 01

マイページにログイン後、口座をタップすることでレバレッジの変更が可能。

レバレッジを無制限にするには以下の条件を達成する必要があります。

  • 合計5lot以上の取引
  • 10回以上の取引
  • 口座残高が1,000ドル未満

Exness(エクスネス) レバレッジ変更 01

Exness(エクスネス) レバレッジ変更 01

レバレッジ無制限口座では一見すると非常に高い維持率で取引ができますが、残高がなくなるとゼロカットは普通に発生します。

ゴールドはスプレッドが広いのでこの口座を使っても数pipsの逆行でゼロカットになる場合も。

ドル円(USDJPY)ユーロドル(EURUSD)などなるべくスプレッドの狭い通貨ペアを使いましょう。

MetaTrader関連記事

Exness(エクスネス)関連記事

Exness

使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

Exness(エクスネス)のスプレッド/レバレッジ、スマホでの登録方法を解説」への4件のフィードバック

  1. 貴重な情報を、ありがとうございます。

    早速、キャッシュバックサイト「Premium Trading」を閲覧いたしました。

    あなた様のサイトには、「キャッシュバック額をExnessの口座に直接入金することもできる」とありますが、「Premium Trading」ではExnessへのプレミアは、個人キャビネットに支払われるとあります。
    僕が何か見落としているんでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。

      私もPREMIUM TRADING経由でExnessを使っていますが、Exenssのキャッシュバックは自動ではExnessの口座には還元されません。

      Exnessの口座に入金したい場合、
      PREMIUM TRADINGの『引き出し』からExnessを選択し、口座番号を入力して送信する必要があります。

      1. ご返答をいただき、感謝極まりです。

        以下のお話、ご存知でしたら、スルーでお願いいたします。

        余談でありますが、キャッシュバックサイト「Premium Trading」からFBSへのプレミアは、アカウントに支払われます毎週。
        とサイトに書かれており、第2候補でFBSを検討しておりました。

        1. コメントと情報ありがとうございます。
          FBSはセルフキャッシュバックも直接口座に入金されるので、PREMIUM TRADINGもその仕組を応用しているのかもしれませんね。
          通貨ペアによってはFBSも魅力的です。

コメントは受け付けていません。