海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

ドル円ショートで焼かれる逆張りを好む日本人 トレンドを意識した取引を

ドル円(USDJPY) 2019/02/01 1時間足

根拠なくキリ番で売り踏み上げられる日本人

110円で焼かれるショーター

2019年2月1日金曜日から2月4日月曜日にかけ、ドル円(USDJPY)は108円台から109.5円まで一気に上昇しました。

ドル円(USDJPY) 2019/02/01 1時間足

画像は2月1日のチャートですが、青色が200、水色が100、オレンジが75、赤が21EMAです。

109.5円あたりに到達した時点で1時間足レベルで移動平均線が下から長期・中期・短期と並ぶパーフェクトオーダーと呼ばれる配置になっています。

こうなったらよほどの悪材料がない限りはロングをするのが順張りですが、109円台後半~110円にかけてショートを入れて焼かれる日本人トレーダーがTwitter上で非常に目立ちました。

キリ番と言うだけで110円で売りを入れる人が特に多かったのですが、109.8円台では既に日足レベルでも抵抗がなくなっている状態です。

東京時間は同じ逆張り日本人同士の結託でなんとか上昇を抑えても、冬時間23時からのNY時間では順張りを好むNY勢によってショーターは盛大に焼かれました。

多くの人がショートが逆張りであると言う認識すら持っていなかったのが印象に残っています。

111円でも焼かれるショーター

ドル円(USDJPY) 2019/03/01 1時間足

2019年3月1日、GDPの好結果を受けて上昇するドル円です。

111円に到達した時点で1時間足のパーフェクトオーダーが発生しているのですが、前回高値である111.2円とのダブルトップとキリ番に期待したのか、やはりショートを入れる日本人トレーダーが目立ちました。

前回111.2円をつけた時とはEMAの力強さがまるで異なることが分かると思います。

1時間足以上のレベルのトレンドには逆らわない

自分が取ろうとしているポジションが順張りなのか逆張りなのかは常に考慮しましょう。

1時間足レベルで移動平均線が横ばいになるなど勢いが失われているならともかく、右肩上がりや右肩下がりの移動平均線に逆らうようではFXでは絶対に勝てません。

押し目を待って順張りを心がけることがムダな損失を減らしてくれます。

テクニカル考察記事一覧

基本・心構え

インジケーター・オシレーター別

応用

市場時間帯別

有名トレーダーの手法

通貨ペア別

海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)