海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

為替FXにおけるNY時間(ニューヨーク時間)の値動きの特徴

ニューヨーク(NY)

NY時間とは

ニューヨーク(NY)

夏時間22時、冬時間23時から始まるニューヨーク市場開場後の時間帯です。

実際には開場1時間前ほどから早起きしたニューヨーク勢が参入します。

値動きの特徴

一言で表すならば開場直後の1時間足の影響が強く出るトレンドフォロー型と言えるでしょう。

開場前にアメリカの指標があった場合はよりその傾向が強くなります。

ロンドン時間のような開場直後の騙しはあまり見かけません。

NY時間 ドル円(USDJPY) 1時間足

NY時間 ゴールド(XAUUSD) 1時間足

画像はドル円(USDJPY)ゴールド(XAUUSD)のNY時間開始直後のチャートです。

ドル円は前の1時間足が陽線、ゴールドは陰線で確定しています。

この後ドル円は40pips以上の上昇をし、ゴールドは最終的に10ドル(100pips)以上下落をしました。

直前の指標が予想を上回っていたことからNY勢がドル買いに走った結果です。

アメリカの指標で最も動くのは為替ペアではなくゴールドですが、10ドル幅以上の値動きになることも珍しくないため、指標ギャンブルをするのではなく指標後に発生したトレンドをフォローすることを心がけた方がトータルでいい結果に繋がるでしょう。

ニューヨーク勢の特徴として指標発表後にトレンドが発生した場合、実際にチャートが動き出すまでに若干のタイムラグがあります。

アメリカの指標が明らかに良かった場合など、直近安値に損切りを置いてドル円ロング、またはゴールドのショートをするなどは戦略的に期待値が高いです。

為替FXに関連する経済指標の確認におすすめのサイトとTwitterアカウント

ただし、指標は相場を動かすためのトリガーに過ぎないので、結果があまり良くないのにドル円が上がると言うことも往々にしてありえます。

ゴールドの場合はあまりにも一方向に動きすぎると、強烈なロンガー/ショーター焼きのリバウンドが起きる場合も。

NY株式市場は30分遅れて開場

ダウと呼ばれるアメリカの株式市場は夏時間22時30分、冬時間23時30分から開場します。

ダウ開場直後はアメリカ株の取引高が増えるため、主にNYダウなどのアメリカの株価指数にロンドン時間の初動のような一方的な値動きが発生することがあります。

NY時間 ダウ開場

画像は2019年11月27日のNYダウ開場直後のチャートですが、5分ほどでNYダウが50ドルほど下落。

特にファンダはなかったので利確売りとそれに伴う強制ロスカットによる値動きだと思われますが、この時間帯にNYダウなどを取引する場合は気をつけてください。

テクニカル考察記事一覧

基本・心構え

インジケーター・オシレーター別

応用

市場時間帯別

有名トレーダーの手法

通貨ペア別

海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)