フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード、138.2と161.8からのショートは極めて有効

ドルスイス(USDCHF) フィボナッチ 日足

フィボナッチ数列は万人が意識する有効なトレード手法

フィボナッチ・リトレースメントと言うオブジェクトはFXにおいてメジャーな指標の一つです。

この記事では詳しい説明は省きますが、フィボナッチ数列は黄金比率なのでチャート上にフィボナッチを表示していない人でも無意識のうちに意識されることがあり、手法に取り入れるトレーダーも多々。

前回高値からの『半値戻し』や『フィボナッチ61.8への戻し』などはFX界隈でよく耳にしますが、一度落ちた価格がその辺りまで戻ってくると値ごろ感からショートを入れたくなってしまう人が多いのでしょう。

為替FXのポジション/エントリーを公開している日本人Twitterアカウント

フィボナッチ138.2と161.8からのショートは有効な手法

フィボナッチは底値から引くパターンと高値から引くパターンの2通りがありますが、ショートに有効なのは前回高値を100、前回底値を0としてV字のチャートを探す引き方になります。

フィボナッチ61.8を明確に上抜けた場合はそこでのショートを一旦諦め、前回高値付近(フィボナッチ100)からショートを考え始めるようにしましょう。

特に138.2と161.8からのショートは上抜けでの損切りが明確な割に取れる値幅が大きく、非常に有効な手法です。

とは言え、ロウソク足が移動平均線に近づいたりデッドクロスしないことには話にならないので他のテクニカル同様、必ず移動平均線と併用してください。。

為替FXにおける移動平均線(EMA/SMA)のクロスを使った基本的なトレード

ユーロポンド(EURGBP)日足

ユーロポンド(EURGBP) フィボナッチ 日足

ドルスイス(USDCHF)日足

ドルスイス(USDCHF) フィボナッチ 日足

ドル円(USDJPY) 30分足

ドル円(USDJPY) フィボナッチ 30分足

いずれの場合も138.2または161.8付近が天井になっていることが分かりますね。

フィボナッチリトレースメントを引く時のコツは以下になります。

  • 高値部分は上ヒゲよりもロウソク足の実体を重視
  • 逆に底値の下ヒゲは含める

Twitterでチャートを公開している人も上記のルールでフィボナッチを引いていることが多く、これはトレンドラインを引く時にも同じことが言えます。

為替FXのポジション/エントリーを公開している日本人Twitterアカウント

利確に関して

フィボナッチ138.2や161.8に到達している時点で非常に強い上昇トレンドです。

首尾よく下がったとしても一旦はフィボナッチ100付近で利確するのが無難。

移動平均線に勢いがなく、フィボナッチ100を下抜けて1時間足以上が確定するようなら再度ショートを入れるのがいいでしょう。

138.2はMT4アプリのデフォルトでは表示されていないので、追加したい場合は以下の記事を参考にしてください。

MT4アプリにフィボナッチなどのオブジェクトを追加

テクニカル考察記事一覧

基本・心構え

インジケーター・オシレーター別

応用

市場時間帯別

有名トレーダーの手法

通貨ペア別