為替FXにおけるロンドン時間の値動きの特徴と騙しについて

ロンドンの夜
使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

ロンドン時間とは

ロンドンの夜

夏時間(サマータイム)は日本時間16時、冬時間は日本時間17時から始まるロンドン市場開場後の時間帯は俗にロンドン時間と呼ばれます。

実際には開場の1時間前ほどから早起きしたロンドン勢の参入があるので、この時間帯はアーリーロンドン・早起きロンドンなどと呼ばれることが多いです。

値動きの特徴

とにかく初動が騙しになる両面焼き(ロングもショートも刈り取る)の値動きが多いことが最大の特徴。

ロンドン時間ポンドドル(GBPUSD)

画像はポンドドル(GBPUSD)のロンドン時間開場直後の値動きです。

東京時間のじわ下げを急騰で否定したあと、急落と言うかなり人工的なチャート。

ロンドン開場までにある程度余裕のある位置からポジションを持てているのなら開場後はひとまず静観で良いと思いますが、

このような日本人のポジションを刈り取るような動きが度々見られるので、ロンドン時間の初動にはついていかない方が無難。

特にポンドやユーロなどの欧州通貨の値動きが激しくなる傾向がありますが、

ゴールド(XAUUSD)DAX(ドイツ株価指数)に関しても騙しのような挙動が多々見受けられます。

ロンドン時間ゴールド(XAUUSD)

ロンドン開場後に6ドル幅もの急落のあとリバウンドをするゴールド。

途中からポジションを持つのは勇気がいりますね。

ロンドン時間 DAX 01

画像はロンドン時間開場直後のDAX

一応短期足でチャネルのようなものを作ってはいますが、ヒゲで抜けては下がり、割っては戻りでこちらもポジションを持つ気になりません。

ことFXに関しては全然紳士の国ではないイギリス

NY時間はトレンドフォロー、または重要な指標によって発生したトレンドを勢いづける一方向への動きが目立つので、ロンドン時間はスルーしてNY時間だけ取引をすると言うのも手です。

為替FXに関するファンダメンタルズの確認にオススメのサイト/Twitterアカウント

逆に言えば騙しを見抜ければそれなりのリターンがあるとも言えますが、果たして投機筋の思惑を読むことがテクニカルと言えるのかどうか。

ネット上ではイギリスの歴史上の行いからイギリス人が『ブリカス』などと揶揄されることがありますが、トレーダーにとっては現在進行系のこの仕掛けの方が切実な問題と言えるでしょう。

ロンドンFIXとは

夏時間で日本時間0時(24時)、冬時間では日本時間深夜1時にロンドン市場での為替レートが決定することをロンドンFIXと呼びます。

簡単に言えば東京時間の仲値のロンドン版と言うことですね。

NY時間と重なることもあり、この時間帯はボラが大きくなりがち。

特に2021年時点ではロンドンFIXに向けてポンドドル(GBPUSD)が上昇していくことが多く見られるので、ショートを検討している場合は慎重に行きましょう。

為替FXにおけるNY時間(ニューヨーク時間)の値動きの特徴

ちなみにゴールド(XAUUSD)にもロンドンFIXがあり、時間は為替のFIXよりも1時間早くなっています。

  • 夏時間=日本時間23時
  • 冬時間=日本時間0時

ボラの激しいゴールドですが、ロンドンFIXよりは上海時間やゴールド先物の終了時刻に動くことが多く、ロンドンFIXにそれほど注意をする必要はないかと。

(ゴールドの先物閉場は夏時間で日本時間の深夜2時30分、冬時間で日本時間の深夜3時30分)

テクニカル考察記事一覧

基本・心構え

インジケーター・オシレーター別

応用

市場時間帯別

有名トレーダーの手法

通貨ペア別

使わないと損をする最強海外FXキャッシュバックサイトTariTali
最強キャッシュバックサイトTariTali
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります