海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

為替FXにおける東京時間の値動きの特徴、主役はドル円と日経平均とゴールド

東京

東京時間とは

東京

朝9時から始まる東京の株式市場が開いている時間帯で、日本人にとっては最も馴染み深い時間帯です。

株式市場は午前と午後でそれぞれ前場と後場に分かれていますが、為替FXにはあまり影響することはありません。

もちろん株価指数である日経平均には影響が強く、午前中から数百円幅で動く場合もあります。

値動きの特徴

ドル円(USDJPY)とゴールド(XAUUSD)は開場~午前中に動きやすい

9時の株式市場開場後の時間帯と上海時間開場後(10時~10時30分)の時間帯は重要で、東京時間にドル円(USDJPY)ゴールド(XAUUSD)が最も動きやすいのはこの1~2時間です。

上海時間でゴールドが買われない場合は欧州時間までゴールドの上昇はあまり望めないことが多いですね。

東京時間 ゴールド(XAUUSD)

画像は朝10時の上海市場開場直後に上昇をし始めたゴールドのチャートです。

東京時間内であっても大きなボラティリティがあるのが特徴。

上海時間開場と同時に3~4ドル幅の下落や高騰の仕掛けが入ることがありますが、ほとんどの場合はすぐリバウンドするのでポジションを短めに持つことを心がけましょう。

ポンドやユーロなどの欧州通貨に関して東京時間は逆張り傾向が強い

ポンド(GBP)ユーロ(EUR)が前日までに下がっていた場合はじわ上げ、上がっていた場合はじわ下げになりやすい傾向があります。

このような日本人が逆張りをする値動きになった場合はロンドン時間で覆されるパターンが頻出するので注意が必要。

東京時間 ポンドドル(GBPUSD)

強烈なトレンドが発生している場合はトレンドフォローになる場合もありますが、いずれにせよロンドン時間の開場直後は静観することをおすすめします。

為替に関しては大きなボラティリティが発生することはあまりない

東京時間はレンジになりやすいと言われていますが、実際には値幅があまりないと言った方が正しいでしょう。

同じ値幅を往復するような分かりやすいレンジになることは少ないのですが、取引量の問題から為替FXの値動きは限定されがち。

この時間帯にボラティリティのある金融商品を求めるならばやはりゴールドや日経平均が筆頭に挙げられます。
また、日本人は合成通貨であるクロス円の取引を好むため、中間通貨として取引されるドル円も為替の中では比較的動きやすいと言えます。

テクニカル考察記事一覧

基本・心構え

インジケーター・オシレーター別

応用

市場時間帯別

有名トレーダーの手法

通貨ペア別

海外FXキャッシュバックサイト
海外FX業者はキャッシュバックサイト経由が断然お得
Taritaliは1lotにつき最大9ドル還元
損切りやゼロカットをしても資金が残ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)